インテグレーテッド・マイン・プランニング

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit.Donec ultrices libero non sem molestie tempor.

ビジュアル・データ・ディスカバリー

複数分野のデータをシームレスに集約、統合、視覚化

 

鉱業会社が意思決定の改善を目的に収集し活用しているデータは、全体の1%未満に過ぎません(McKinsey & Co、2017年)。

ビジュアル・データ・ディスカバリーでは、統合されたフレームワークで複数分野のデータを視覚化して検証し、予測分析を行うことができます。データの縦割り構造が解消され、部門の枠を超えて共有できるようになり、同じ最新データを利用したコラボレーションが可能になります。効率的なデータ取得により、掘削から大規模調査、IIoTセンサーまで、新しいデータが生成されて利用可能になるまでのタイム・ラグがなくなります。

主な特徴とメリット

  • コラボレーションに適した統合データ管理ツール
  • ますます複雑になる鉱床に対応
  • 新しいデータをタイムリーに統合
  • 潜在的なデータやパターンを特定する能力を向上
  • 効率的な3D視覚化と予測分析

<div/>