ウィニング・ビッド・フォー・シー

新たな船舶コンセプトを効率的に推進し、販売を促進

説得力のある付加価値の高い提案の想造、実現

造船会社は、大規模なビジネス変革に対応し、競争の激しい市場で新たなビジネスを引き続き獲得するために、お客様の要件、業界規制、規格を満たす新たなコンセプトとソリューションを生み出す必要があります。入札段階では、限られた時間の中で信頼性を示し、提案の明確な利点を印象付けて、新たな契約を獲得しなければなりません。このように早い段階で革新的なコンセプト設計を発注者に提示することで、入札を優位に進めることができます。

さらに、入札参加を表明する前に、造船会社は、船舶やプラットフォームの初期コンセプト段階から、お客様の予算とスケジュールの範囲内で確実に遅延なく納品できる魅力的でダイナミックな提案を短時間で作成することが重要です。

3DEXPERIENCE プラットフォームを基盤としているウィニング・ビッド・フォー・シー・インダストリー・ソリューション・エクスペリエンスは、こうしたニーズに対応します。洗練された直感的なツールで、テクニカル情報とビジネス情報を盛り込んだコンセプト設計をすばやくモデル化し、シミュレートして、検証できます。また、入札段階で、この情報を発注者に効果的かつ迅速に伝達できます。

ウィニング・ビッド・フォー・シーを導入することで、複数のチームが単一の情報源で作業を進められるようになり、最も適切で説得力のあるソリューションを短期間でまとめることができます。調達チームは、初期コンセプト設計からコストと納入スケジュールを評価することで、交渉時間を短縮できます。製造計画も早い段階から取り組むことができ、提案に生産要件を盛り込むことができます。契約の獲得後は、直ちに詳細設計へ移行できます。初期スケッチから生産に至るデジタル継続性により、すべてのジオメトリや関連する技術およびビジネス情報を下流工程で容易に再利用できます。

ウィニング・ビッド・フォー・シーは、要件管理、初期3D設計、システム設計およびシミュレーション、解析、KPI管理を統合し、販売およびマーケティング・プレゼン向けに説得力のある資料も作成できるため、大きな優位性をもたらします。

ウィニング・ビッド・フォー・シーのメリット:

  • 新船舶のコンセプトを高い信頼性ですばやく開発して検証
  • デジタル・モデルを効率的に再利用して付加価値の高い資産を構築し、魅力的な入札案で革新的なコンセプトを提示
  • シミュレーションや解析を定義して評価し、代案を提示して実施することで3Dコンセプト設計を検証し、優れた設計を実現
  • 開発の早い段階で、お客様の要件、KPI、分類ルールのコンプライアンスを確保
  • 既存の知識と設計を再利用して新たなソリューションを開発することで、市場投入期間を短縮
  • 技術予算のコンプライアンスを継続的に評価し、手戻りを回避
  • いつでもどこでも利用できるように情報源の一元化を図り、海軍のアーキテクト、販売、幅広いエコシステムの間で共有できる体制を整えることで、エコシステムのコラボレーションを強化し、迅速な意思決定を実現