ビルド・フォー・シー

製造オペレーションの最適化

造船会社は、品質の高い大規模で高度な船舶を製造するための生産能力と生産性を強化して、競争優位性を維持しなければなりません。最良の結果を得るためには、テクノロジーを活用して複数の分野において業務を俊敏に遂行し、その他の作業や計画への影響を最小限に抑えながら、新規プロジェクトを実施しなければなりません。また、安全規制、環境規制、認定標準のコンプライアンスも確保する必要があります。さらに、離職率が高く、定年退職を迎える従業員を数多く抱える造船業界においては、熟練の従業員が持つ知識を収集して、それを再利用することで、全体的な生産性を高めて、安定性を維持しなければなりません。

造船会社は常に複数のプロジェクトを同時に管理しているため、製造活動をグローバル規模で調整する必要があります。3DEXPERIENCEプラットフォームを基盤とするビルド・フォー・シーインダストリー・ソリューション・エクスペリエンスにより、造船作業を製造環境全体に組み込むことができます。無限キャパシティ・モードから有限キャパシティ・モードに移行するには、マスター・プロダクション・スケジューリング、キャパシティ・プランニング、プロダクション・シミュレーション/最適化、プロダクション・ワークフロー/リソース管理が必要になります。

ビルド・フォー・シーを導入すれば、製造、サプライチェーン、プランニングを担当する各エグゼクティブが、マスター・スケジュールと正確なダッシュボードに基づいて一元管理された情報にアクセスできます。その結果、製造のあらゆる側面を管理し、すべての製造関係者の間で円滑なコラボレーションを促進できます。デジタル化により、エンジニアリング、プロダクション・プランニング、シミュレーションから、実際の製造、在庫、材料の流れ、勤怠管理まで、完全な連続性とトレーサビリティーが実現します。リーン製造の高度な原則を採用して、ボトルネックを解消し、業務を改善できます。製造活動をモニタリングすることで、世界中に分散した作業指示を適切に追跡および管理できます。さらには、人材と機器設備を最大限に活用できます。ビルド・フォー・シーの分析機能を通じてKPIを取得することで、リーン製造原則からの逸脱や例外を把握して、迅速かつ簡単にスケジュールを調整し、業務を改善できます。

ビルド・フォー・シーのメリット

  • 造船会社をデジタル化して品質向上とコスト削減を達成
  • ルールベースのシステムを使用して、計画を動的に更新し、スケジュールを最適化
  • リーン製造の原則を導入して、コスト、遅延、違約金を軽減
  • リソースの使用率を最適化して、生産能力を拡大
  • シミュレーション・ツールを使用して、業務の中断を最小限に抑えながら造船場のレイアウトを変更することで、新規ビジネスに対応
  • 関係者間の情報共有を強化して、競合や製造エラーを削減
  • 環境規制へのコンプライアンスを改善して、「グリーン」の評判を強化
  • 直感的なダッシュボードを使用して製造ステータスをリアルタイムで表示