バーチャル・エクイップメント・フォー・イベント

イベントでの製品プロモーション用にビジュアル資産を作成

トレードショーは、ブランドとって知名度を上げる重要な場であり、自社の製品やテクノロジーを展示できる素晴らしい機会です。しかし、産業機械企業は、魅力的なビジュアル資産がなければ自社のブースに人を引き付けることができません。エンジニアリング・データを魅力的なビジュアル・エクスペリエンスへ転換して、来場者の関心を捉える必要があります。

Showcasing at Eventsは、何もないステージを生き生きと動く製品の展示の場に変える必要があるイベント・マネージャーのニーズに特に対応しています。仮想装置を操作し、それを分解して詳細を説明し、稼働する機械や装置をシミュレーションする、これらすべてを、現実をリアルに再現した環境で実行できます。ビジュアル・エクスペリエンスは、既存の3D製品形状から構築され、イベント・コンセプトの迅速な作成に役立ちます。

Showcasing at Eventsには、幅広い最先端テクノロジーが搭載されています。それには、2Dおよび3Dプロジェクション・マッピング、拡張現実、ヘッドマウント・ディスプレイ・テクノロジー、ゲーミフィケーション、インタラクティブなコンセプトなどが含まれ、ジェスチャー・インターフェイスやモーション・コントロールを表示します。

主な特徴とメリット

  • トレードショーで強力でインパクトのあるエクスペリエンスを提供することで、感情を即座に刺激して購買意欲を促進する
  • 最先端テクノロジーにより、制限のない自由な創造を実現
  • 物理的な装置をそのデジタル・ツインで置き換えることで、トレード・イベントのコストを低減