エクスペリエンス重視の経済において、産業機械業界のすべてのメーカーが「顧客に最善のエクスペリエンスを提供するには、どうしたらよいのか」という同じ疑問を抱えています。以前、ブランドに求められたのは、信頼できる製品を適正な価格で提供することのみでした。その後、顧客は長く使える製品を求め、総所有コストと装置寿命を伸ばす方法を評価し始めました。これに伴い、しっかりしたメンテナンスとスペア・パーツを簡単に調達できるようにしたブランドが、ビジネスを獲得していきました。次に、ブランド・ロイヤルティが注目され、顧客は、よく知らないブランドから購入するリスクと、長年ビジネスをしてきたブランドを引き続き使用することを比較検討するようになりました。そして最終的に、多様性または顧客の希望に合わせて製品をカスタマイズする能力も購買基準となりました。すぐにこの基準に革新性が追加され、「この企業は革新的か? 私を驚かせ続けてくれるだろうか?」という点も考慮されるようになりました。現在は、これらの基準に加え、顧客の関心を引き付けて、最高の購買エクスペリエンスを提供する必要もあります。ショールーム、ウェブ上、トレードショー、あらゆる広告の場など、顧客とのすべてのタッチ・ポイントで、美しく作成された魅力的なマーケティング・ビジュアルを通じて、プロモーション・イベントで顧客の購入を促すことで、ブランドは新規ビジネスを獲得し続けることができます。

3Dエクスペリエンス・プラットフォームをベースとした、産業機械業界向けバーチャル・エクイップメント・ヤード・インダストリー・ソリューション・エクスペリエンスでは、消費者向け、法人向けビジネスのセールスおよびマーケティングで活用できる、顧客の心をつかむ資料、ツール、イベント・エクスペリエンスを提供します。建設・農業機械、製造機械、設置機械、産業機械製品、およびタイヤ製造装置のメーカーは、3Dエクスペリエンス・プラットフォームの統合された情報ソースとハイエンドな3Dビジュアライゼーション・テクノロジーのメリットを活用して、すべての製品ラインについて、既存の3D形状をプロモーション用の高品質なデジタル資産に変換できます。マーケティングやセールスは、ブランドの一貫性を確保し、すべてのコミュニケーション・チャネル、デバイス、各地域の市場を通じてメッセージを届けられます。

バーチャル・エクイップメント・ヤードで作成されたメディア・コンテンツを使用することで、企業は初期のコンセプトから製品発売に至る製品開発プロセスのさまざまな段階で顧客を引き付けることができ、それが購買機会の増大につながります。このインダストリ・ソリューション・エクスペリエンスは、広告キャンペーン用の鮮明で魅力的なイメージ、トレードショー用の人目を引くアニメーション、ウェブ用にカスタマイズされたプロモーション制作物など多様な資産を生成し、ブランドのプロモーション活動のスピード、品質、範囲を向上します。バーチャル・エクイップメント・ヤードは、これらの資産を既存のコンフィギュレータ、ルール、価格設定エンジンとリンクさせ、販売現場で流れるような購買エクスペリエンスを実現します。このインダストリ・ソリューション・エクスペリエンスにより、ブランドは顧客のポジティブな感情を喚起して、より多くのビジネスの獲得につなげることができます。

バーチャル・エクイップメント・ヤードの価値:

  • 広告キャンペーン用のインテリジェントなマーケティング制作物作成ツール
  • 実物そっくりの製品ビジュアライゼーションと魅力あるコンピュータ生成画像
  • POP(Point of Purchase)とウェブ・コンフィギュレータ
  • ウェブ上またはライブ・イベントでのリアルタイムでインタラクティブな製品エクスペリエンス