システム・エンジニアリング・フォー・シンクロナイゼーション

産業機械は効率、電力、パフォーマンスを管理するさまざまなシステムで構成される複雑な機械です。チームで使用するツール、場所、方式が異なる産業機械関連企業にとって、それぞれの専門家がグローバルな作業に貢献できるようにすることは、困難であると言い切ってもよいほどデリケートな問題です。システム全体が調整のきいたオーケストラのように適切に機能するよう、多分野コラボレーションを効率化するソリューションを提供するという課題に直面しているのです。

システム・エンジニアリング・フォー・シンクロナイゼーションによりシステム・アーキテクトは強力なツールを使用して、システム要件から始まり多分野システムとして機能と論理のシステム・アーキテクチャを定義します。要件は何か、どのような機能をシステムで実現するのか、どのようなアーキテクチャでそれらを満足させるのかを考慮して、システム・アーキテクトはシステム・エンジニアリングを実行します。機械の動作をシミュレーションするには、Motion System Modeling & Simulationという組み込み機能を使用しますが、これによってコントローラーが予想どおりに動作することを検証します。企業には、リソース、機能、論理、物理のトレーサビリティーが備わり、開発ライフサイクル全体で製品アーキテクチャ を常に管理できるようになります。

主な機能とメリット

  • 機能と論理のシステム・アーキテクチャをシステム要件から定義。
  • 多重物理システムのモデリングとシミュレーションによる構想評価。
  • 開発ライフサイクル全体で製品定義を常に管理。
  • 製品の変更を追跡。
  • 多分野にわたるコラボレーションを効率的に管理。