シンクロナイズド・マルチディシプリン・ビヘイビア

生産期日を守れるかどうかは、設計の質と精度によって決まります。設計が確実な企業は、自信を持って製造段階に入ります。遅い段階でエラーが見つかることは、どのような企業にとっても悪夢でしかありません。軌道に戻すために多くの投資が必要になるからです。では、どうすれば良いのでしょうか。手遅れになる前に製造可能性と製品品質を検証することです。

産業機械メーカーは、産業機械についてデジタル・シミュレーションにより、通常は予測できないことを予測し、多くの分野が関わる複雑なシステムを検証して最適化することができます。スマート・アンド・シンクロナイズドのシンクロナイズド・マルチディシプリン・ビヘイビアは、デジタル環境で早期設計レビューを可能にします。現実の論理動作アルゴリズムによって機械システムのキネマティクスを解析できます。高価な物理プロトタイプはもう必要ありません。

主な機能とメリット

  • 新しい概念と設計のパフォーマンスを早期に評価。
  • 物理プロトタイプの数を削減。
  • 開発時間を短縮し、メンテナンス・コストを削減。
  • 関係者間のコミュニケーションを改善。