The 4th Industrial Revolution: Opportunity and Imperative

革新的テクノロジーがイノベーションを加速させる

デジタル・テクノロジーを活用してビジネスを拡大

グローバルに分散された産業機械製造業者は、自社の経営に対する認識を日々継続的に高める必要があります。コミュニケーションとリアルタイムでの情報共有により、組織は豊富な情報に基づいた意思決定を出せるようになり、その能力が先駆者となるか追随者となるかの違いを生みます。

IDC Manufacturing Insights』では、ビジネスの可能性を最大限に高めるために企業が守るべき原則を概説しています。

· 世界中の関係者が繋がるためには、より広範囲にわたる標準化が必要

· 仮想化を導入することで、プロセスや製品情報にリアルタイムでアクセス可能

· モノのインターネットと機械間コミュニケーションを利用してインテリジェンスを分散することで、現地の状況に即した判断を下しながら、集約された管理とトレーサビリティを維持する能力の向上

· 機械と工場のパフォーマンスをリアルタイムで分析することで、迅速に対応してプロセスを改善

· サービス主体のアプローチを製造に導入することで、遅い段階での顧客の要件変更にも迅速に対応できる俊敏性が向上

· モジュール設計の利点を活用し、標準の構成部品を用いて新製品を構築することで新製品の導入を加速する

今すぐ登録して無料のホワイトペーパーで産業機械企業の現在の課題をご確認ください。