サプライチェーン・プラニング

生産および流通のマスター計画

 

効率的で収益性の高い製造を実現するには、生産を最適化し、ボトルネックを特定し、分断を克服して完成品として仕上げるために、プロセス、部品、リソース間の綿密な調整が必要です。メーカーは、収益性を大幅に改善するために、膨大な量の工場作業を正確かつ効率的に管理できるマスター生産スケジュールを必要としています。

サプライチェーン・プランニングは、原材料から完成品まで、生産チェーン全体をグローバルに同期化します。関連するあらゆる詳細情報を考慮して最適な計画を作成し、生産フローと在庫を連携させ、作業指示と納入実績を最大限まで高めることができます。

さらに、ビジネスにおける職務領域間の統合は、より信頼性の高い供給体制を確保し、生産、調達、輸送、人員配置計画を調整するために必要不可欠です。サプライチェーン・プランニングは、マスター生産スケジュールで指定されたニーズに基づき、詳細な人員配置計画を網羅します。強力なテクニカル・アーキテクチャとS&OPを統合することで、原材料や作業指示の進捗状況、ボトルネック、販売予算の割り当て、リソース・シャットダウンや産出高に関する最新情報に応じて、サプライチェーン全体が可視化でき、計画を日時で調整できます。マスター生産計画は、スループットの増加、在庫削減と納期短縮、サプライチェーン全体の顧客サービス改善を支援します。

サプライチェーン・プランニングの価値:

 

  • 柔軟な視覚化と容易な相互作用で工場全体とリソースを調整し、対応性と実現性に優れた最適な生産計画を作成します。
  • 納期を厳守しながら、高い生産性を維持
  • 在庫減少、納期短縮、コスト削減に貢献
  • リソースの稼働率と効率を改善
  • 予定外のイベントにすばやく効果的に対応
  • 柔軟性、可視性、制御性を最大化
  • 人員の能力をスキル・ニーズに合わせて常に調整
  • 最適な勤務管理簿を共同で生成
  • 絶えず変化する規則や規制の制約を順守
  • スタッフの生産性と従業員の満足度を向上