デジタル・マニュファクチャリング・エンジニアリング

グローバル製造オペレーションの製造プロセスおよびリソースの設計

 

グローバルなオペレーションを定義したら、プラントごとに異なる製造オペレーションを地域レベルで詳細に定義する必要があります。これには、製造する部分要素や、オペレーターへの実際の作業指示などが含まれます。

デジタル・マニュファクチャリング・エンジニアリング・ソリューションによりメーカーは、さまざまな機械部品の開発プロセスをバーチャルに計画して、リソース要件を定義することができます。製造プロセスと製造オペレーションは、詳細な作業指示とともに定義されます。3Dシミュレーション機能により、組み立てラインや機械を実際に設置する前に、製造が計画どおりに進むかどうかを検証できるため、品質以外のコストと製造遅延の削減が可能になります。

主な機能とメリット:

  • 品質以外のコストと製造遅延を削減
  • デジタル3Dシミュレーションを活用して最初から正しく製造
  • デジタル化した詳細な作業指示でオペレーターの効率を向上