キープ・ゼム・ランニング

ダウンタイムを最小限に抑え、パフォーマンスを最大化

メーカーは、持続可能性を保ち、顧客の需要を満たすために、スムーズな事業運営を維持する必要があります。機械を常時稼働させることで、産業機械メーカーの収益増加につながります。メーカーは、品質の高い製品を製造するだけでなく、機械を常に最高の状態で稼働させるために、迅速かつ手頃なサービスを実施する必要があります。

キープ・ゼム・ランニングは、3DEXPERIENCE®プラットフォームによって強化されているインダストリー・ソリューション・エクスペリエンスであり、サービスを産業機械開発の最前線と位置付けています。機械の出力や稼働時間が収益に直結するメーカーは、新たなサービス製品を開発することで増益を実現できます。設計にサービス要件を盛り込むことで、機械のメンテナンス作業が迅速かつ容易になり、ダウンタイムを最小限に抑えることができます。

エンドツーエンドのデジタル継続性により、メーカーはサービス作業を設計の最初期段階で考慮できます。また、メンテナンス指示も明確になり、お客様のインストール状況に合わせて常に最新の状態に保つことができます。デジタル「稼働」ビューはメンテナンス作業の正当化に役立ち、機器のライフサイクルを通じて実施したすべての作業を追跡できます。こうしたカスタマイズ・サービスにより、予防的なメンテナンスが可能になります。機器のダウンタイムを短縮して実働性能を高めることができ、お客様の満足度も向上します。

キープ・ゼム・ランニングを導入することで、企業はメンテナンスを想定して産業機械を設計できるようになり、稼働能力を損なうダウンタイムを短縮できます。

キープ・ゼム・ランニングの価値:

 

  • サービスを考慮した設計アプローチで効率の向上
  • サービスとしての製品で収益機会を増加
  • 仮想環境でドキュメント作成を加速
  • 市場投入時間を短縮
  • 効率と安全性を高めて、サービス提供コストを削減
  • 最新のデジタル指示とアニメーションによるメンテナンス手順
  • お客様ごとに適したメンテナンス計画