イールド・オプティマイゼーション

製造上の欠陥を把握し防止

ハイテク企業は、製造の歩留まりを向上させながら、製造の欠陥を最小限に抑えるというプレッシャーを抱えています。これは今までも絶えず発生する困難な課題でしたが、製品の複雑化とバリエーションの増加が問題に拍車をかけています。

イールド・オプティマイゼーションではこの課題を克服するための支援をします。実行可能な製造インテリジェンスとベスト・プラクティスを取得することで、非常に複雑な生産環境でも、作業現場のプロセスと製品品質の最適化が促進されます。

特許取得済みのアルゴリズムを使用して生産における潜在的な関係を明らかにするこのソリューションにより、歩留まり率の高低ルールが抽出され、直感的なデータの視覚化を利用して容易に分析できます。製造不具合に関する重要なインサイトも得られるため、継続的なプロセス改善に活用できます。同様に、生産チームに直ちに警告を発することにより、既知の不具合の再発防止にも貢献します。イールド・オプティマイゼーションでは、ベスト・プラクティスも自動的に取り込みます。これらを利用することで、機器の選択を改善し、プロセスと機器のパラメータを調整して、最適な結果を得ることができます。

主なメリット

  • 歩留まり率の高低ルールを自動検出することで、作業現場のプロセスを最適化
  • 生産データと保証請求やリコールとの遡及的な相関性を取得するトレーサビリティーにより、製品品質を改善
  • マネージャー側で既知の不具合の再発を検出して排除できるリアルタイム・インテリジェンスにより、コストを削減
  • 機器の選択と構成の指針となるインサイトにより、設備投資におけるROIを最大化