半導体のコラボレーション設計

モジュラー・プラットフォームベースのアプローチで設計収束を加速

設計会社は、競争力のある集積回路を製造するために、専門チームおよび複雑なワークフローを駆使しています。このような組織が成功を収めるために、プロセス・マトリックスは、分散した大規模チームに合わせて効率よく拡張できる必要があると同時に、知的財産の再利用とバリアントの最適化をサポートする必要があります。さらに、「設計者が設計」できるように、さまざまなアプリケーションに統合できる必要もあります。

セミコンダクター・コラボレーティブ・デザインでは、ENOVIA® Synchronicity® DesignSync®に基づいて設計組織全体の設計データを効率的に管理します。設計チームは、詳細設計要素レベルでもプロジェクト・レベルでもデータを管理できます。独自のモジュラー・アプローチで、それぞれのチームが作成した設計データを上位レベルの設計にシームレスに統合できます。

セミコンダクター・コラボレーティブ・デザインには、ENOVIA® Pinpointのテクノロジーも組み込まれており、効率的な設計解析が可能です。集積回路設計の構造化された配置と可視化に利用するWeb対応ソリューションは、65nm、45nmまたそれ以下でマイクロプロセッサー、グラフィック回路、DSPサブシステムの設計収束を加速させます。

主な特徴とメリット

  • 設計の生産性が大幅に向上し、ROIを早期実現
  • 既存の設計と組み込みソフトウェアの再利用の可能性を最大化
  • コラボレーションの効率を向上させ製品化までの時間を短縮
  • 多くのEDA(Electronic Design Automation)ツールからデータを統合