マテリアルズ・オプティマイゼーション

仮想設計を通じて次世代エレクトロニクスの核となる部分を作成

エネルギー消費を抑えた、より強力で小型な電子機器に対するニーズが増加する中、トランジスタの大きさを決めるのに材料吟味や、選択において原子レベルで相互作用をみるところまできています。また、希少金属への依存を軽減し、化学プロセスでの毒性物質の生成や放出を防ぐためにも、材料に関する新たなイノベーションが必要です。

マテリアルズ・オプティマイゼーションにより、研究者は半導体のさまざまな材料をモデル化し、最適化できます。ALD(原子層堆積法)用の前駆体の設計機能が装備されており、これにより表面の吸収力の向上が可能です。また、高度な電子伝達方法により、分子電子の伝達や電流電圧について正確に予測できます。マテリアルズ・オプティマイゼーションは、高誘電体のモデリングと最適化を可能にし、半導体特性へのドーピング効果を理解するのに役立ちます。

主な特徴とメリット

  • モデリングとシミュレーションを活用して、コストのかかる実験、研究、物理試験の回数を削減
  • 化学物質や材料の振る舞いと個別特性の間の関連性をより深く理解することで、より良い製品の実現やイノベーションをコスト効率に優れた方法で加速化
  • 拡張性のある科学的な分析を実行するために企業全体で複雑な科学的データを集約することで、実行可能なビジネス・インテリジェンスを導き出し、発見の促進や高価な研究コストの軽減を実現