アクセラレーテッド・エレクトロニクス・コラボレーション

ハードウェア(PCBA)設計プロセスを加速

ハイテク・イノベーションの力強い勢いは、製品PCB上で実装される電子機器とソフトウェアによる機能に支えられています。中小企業イノベーターのビジネスが成長する中で、電子エンジニアリングと機械エンジニアリングの融合が大きな課題になっています。

アクセラレーテッド・エレクトロニクス・コラボレーションでは、PCB設計と製造データを同一プラットフォーム上で管理することで、完全なトレーサビリティを構築します。同時に、電子エンジニアリングを、分野の枠を越えたワークフローと変更プロセスに効果的に統合できます。 

重要なメリット:

  • 電子エンジニアリングと機械エンジニアリングのシームレスなコラボレーションにより、市場投入期間を短縮
  • 新規部品の導入管理を最適化することで、製品NPIコストを削減
  • サプライヤーとのBOM管理を自動化し、回路図およびレイアウト・エンジニアリングの生産性を向上
  • すべてのエンジニアリング変更を追跡できるため、ハードウェア設計に要する時間を短縮

「ライブラリは開発の頭脳と言えるでしょう。開発者が必要とする情報はすべて一元的に保存され、たとえば新規開発に利用できる部品があるか、廃版になった部品なのかといったことを知ることができます」

Lutz Napiwotzky氏 エンジニアリング・アプリケーション・コーポレートIT担当、Bosch社