電力・設備関連

イノベーション、プロジェクト、オペレーションのパフォーマンスを持続

安全性と効率性の完全な制御を目指して

水処理施設

分散したエネルギー源や環境規制の増加など、変化する市場状況への対応は、設備関連会社にとって不可欠な要素になっています。一方、発電所や水処理施設を管理している企業は、テクノロジーの選択を多様化させることで、複雑な設備を今日の要件に適合させ、新たなプラント建設プロジェクトを立ち上げています。また、配電網ガス供給ネットワークを管理している企業は、高度に接続され分散したデジタル・システムの世界を生き抜くための画期的なビジネスおよび運用モデルを模索しています。いずれの企業も、電力・設備関連以外の企業と同様に、健康、安全、環境面での課題だけでなく、コスト管理や設備保守の信頼性を徹底的に追求する必要があります。こうしたイニシアティブで新たなスマート・シティー・パラダイムを乗り切るには、プロジェクトを効率的に実行し、無駄のない運用を実現する必要があります。

都市の灯り

3DEXPERIENCE®プラットフォームは、上記の電力・設備関連の戦略を専門にサポートする堅牢なソリューションを提供します。企業は、モデル化とシミュレーションのテクノロジーを統合した単一の共有仮想設備モデルを使用することで、データとビジネスプロセスを管理し、プロジェクトの実行と運用効率を改善できます。

バリューチェーンのすべての関係者は、ビジネスクリティカルな知識をリアルタイムで共有し、意思決定を強化できます。事業者は、非準拠箇所の通知を受け、新たな要件の影響を正確に評価して設備を変更できます。さらに、仮想シミュレーションによって予定外の運転停止中断削減し、3Dモデルによって安全に保守作業を練習できます。エンジニアは、設備のライフサイクルを管理し、設計情報、シミュレーション結果、ベンダーおよびサプライヤー情報、保守作業など、複数のソースから得られるさまざまな履歴情報を活用できます。3DEXPERIENCEプラットフォームを導入することで、電力・設備関連企業は、設備の複数領域にまたがるリアルタイム・ビューを確保し、進化する業界で持続可能な優位性を得られます。

電力産業でのダッソー・システムズの応用例をご覧ください。

HYDROCHINA CHENGDUにとって的確な戦略的な決断は、ダッソー・システムズとの協力を深め、ダッソー・システムズの業界をリードする3Dのコラボレーティブな設計を活用し、先見性のあるエンジニアリング戦略を実行することです。当社の研究開発センターは、ダッソー・システムズの最先端の3DEXPERIENCEプラットフォームと業界に特化した戦略を活用して、エネルギー業界の技術的進歩に貢献することを目標としています。

Zhang Jianyue氏 HYDROCHINA Chengdu Engineering Corporation社社長