エフィシェント・プラント・オペレーション

担当責任が明確で、信頼でき、予測可能な性能を提供

信頼できる予測可能な性能を提供

25~50年以上の使用期間の間、24時間365日で稼働する設備のプラント・オーナー事業者は、常に注意を払い、最適な生産性、安全性、可用性収益性を確保できます。今日の複雑なプラント・インフラストラクチャーでは、世界中に分散したチームが多種多様なレガシー・システムを使用しているため、信頼できるデータへのアクセスが困難になっています。現場の作業員は、プラントの持続的なパフォーマンスの確保に必要な保守、修理、オーバーホール作業に備えることができず、十分なトレーニングも受けられない状況です。

保守作業員と生産作業員は、同じ情報システムを共有していません。事業者にはエラーや未解決の中断を警告する機械センサーからの情報分析に必要な専門知識や時間があるとは限らないため、装置の故障は検出できません。一方、保守作業員は、設備をリアルタイムでモニタリングできません。差し迫った機械の故障を通知する情報がないからです。このような予測不能により、生産性に多大な影響を及ぼす予定外の運転停止が発生し、予想より高い運用コストと保守コストがかかります。

保守作業員

統合された3DEXPERIENCE®プラットフォームを基盤としているオペレーション・エクセレンスは、あらゆる保守・運用タスクでデジタルな連続性を実現します。マネージャーは、包括的なリアルタイムの可視性により、実際の作業に入る前に正確なリスク評価と影響分析を行うことができます。EPU事業者、サービス会社、OEMは、適切な保守戦略を定義・適用することで設備全体の可用性を改善し予期せぬダウンタイムを削減できます。企業は、要件、構成、プロジェクトの統合管理機能により、プロジェクト関係者にプラントおよびリーン・アセット運用戦略の同じ仮想モデルに対するアクセスを提供することで、情報のサイロ状態を解消します。いくつかの企業は、仮想プラント・モデルを使用したことで、プラント停止時に実施するすべてのアクティビティの計画を最適化できるようになり、全体的な停止期間を1~2日短縮できたと報告しています。さらに、作業員は、実際に機能する3D仮想プラント・モデルでのデジタル・シミュレーション・トレーニングを通じてリスクの高い検査、運用、保守作業を練習し、効率を改善することで、最大6,000工数の削減を達成しています。

オペレーション・エクセレンスを導入することで、企業は設備のステータスを完全に可視化し、プラントの運用状態にリアルタイムでアクセスできるようになります。その結果、責任が明確で、信頼できる予測可能なパフォーマンスを確保し、安全性と生産性を改善できるだけでなく、プラントの耐用年数を通じて保守および運用アクティビティの質を継続的に高めることができます。

オペレーション・エクセレンス・インダストリー・ソリューション・エクスペリエンスの価値をご覧ください。

<div/>

  • 仮想シミュレーションで現場作業員の準備を確実に行い、リスクを軽減しながら安全性を改善
  • 堅牢な生産計画とスケジュール機能により、コスト削減とダウンタイム短縮を達成
  • プロセス、スタッフ、設備の可視性を高めて、リソースの使用率を改善
  • 信頼できるプロセスおよび運用情報への複数領域からのアクセスで、生産性が向上