エンジニアリング・エクセレンス

ゼロ・デフェクト・エンジニアリングを実現

ゼロ・デフェクト・エンジニアリングを実現

エネルギー・プロセス(EPU)産業におけるプラント施設のエンジニアリングでは、専用の設計およびエンジニアリング・ツールを使用し、さらに専門領域に特化した多くの関係者が関与します。こうした「最先端」のツールは専門分野のパフォーマンスを高めますが、多種多様なテクノロジーとともにサイロ状態が強くなる傾向があります。プロジェクト・レベルでは、インターフェース管理や変更管理が複雑になり、品質、生産性、全体的な効率が下がります。その結果、企業はデジタル変革で期待されるビジネス価値すべてを得ることはできなくなります。新世代のプラント建設プロジェクトでは、「ゼロ・デフェクト」設計およびエンジニアリングを達成し、建設や運用に即座に対応する持続可能で革新的なアプローチが必要になります。施設の耐用年数を通じてチーム間のコラボレーションを促進するには、デジタルな連続性が必要不可欠です

<div/>

3DEXPERIENCE®プラットフォームを基盤としているエンジニアリング・エクセレンスは、EPUエンジニアリング・調達・建設企業やオーナー事業者に、新たなプラント施設の設計とエンジニアリング作業のほか、既存の施設の近代化と延命措置をサポートする統合環境を提供します。ソリューションの中心となるのは、仮想プラント・モデルです。複数のソースや複数の領域から得た情報を照合し、エンジニアに時間とインサイトをもたらすことで、豊富な情報に基づき適切な判断ができるように支援します。早期仮想シミュレーションを導入した企業は、図面リビジョンが25%減少し、エンジニアリング成果物の品質管理に要する時間が30%短縮され現場や施設で判明する設計エラーの数が60%減少したと報告しています。この結果、最初から正しい設計を確定して建設に移行できる確率が上昇しています。

エンジニアリング・エクセレンスは、エンジニアリング効率と整合性を飛躍的に強化する完全なビジネス移行パスを提示し、スケジュール、全体的な品質、プロジェクト利益を大幅に改善します。

エンジニアリング・エクセレンス・インダストリー・ソリューション・エクスペリエンスの価値をご覧ください

  • 複数領域にまたがるコラボレーションで最終品質を強化
  • 情報の一元管理により、知識の再利用の増加
  • デジタルな連続性により、引き継ぎプロセスを効率化
  • 早期仮想シミュレーションにより、後工程でのエンジニアリング設計の手戻りとコスト超過を削減