デコミッショニング・エクセレンス

安全で環境へ配慮した廃止措置の実現

安全で環境へ配慮した廃止措置の実現

数十年前に建設された多くのエネルギー・プロセス・プラントは、その寿命に達し、解体が始まっています。特に原子力発電所については、世間一般からの懸念や規制面の精査が高まっています。現在、多くの原子力発電所は完全に操業を停止しています。最近の研究によると、今後数十年間に、さらに多くの発電所が閉鎖されると予想されています。放射能には作業員や周囲の住民環境に与える安全性のリスクがあります。政府は現在、停止後に減衰期間を設けることなく、即時解体する方針を支持しています。オーナー事業者は、汚染を回避し、プラントの構造的な整合性を保ちながら放射能漏れを防ぐために、最初から正しく解体を進める計画の実施を迫られています。さらに、廃棄を最適な形で進めて環境を保護するために、放射性物質やその他の廃棄物の正確な明細リストを作成する必要もあります。

原子力発電所

3DEXPERIENCE®プラットフォームを基盤としているデコミッショニング・エクセレンスは、特定、区分け、除染、清掃、解体、処理、一時保管、退避まで、解体プロセス全体を計画して実施するための統合環境を提供します。3Dプラント・モデルでさまざまな解体プランをシミュレーションして検証し、作業員の実現可能性と人間工学のシミュレーションを実施した上で、最適なアプローチを選択できます。このソリューションでは、すべての設備と廃棄物の明細を記録して持続的に管理できるため、トレーサビリティーと説明責任を確保できます。

デコミッショニング・エクセレンスを導入することで、企業は解体計画の規制へのコンプライアンスと世間一般のアクセプタンスを確保し、解体予算と計画目標を達成できます。また、一時施設のスペースを確保し、プロセス全体を通じてプラントの構造的な整合性を検証できます。さらに、現場作業員の健康と安全を最優先するために、このソリューションでは、解体作業を仮想環境で練習することで作業員のスキルを高め、致命的な事故や人体および生態系に深刻な影響を与える制御不能な汚染のリスクを軽減します。より効率的で生産性の高い作業員を確保することで、解体予算を超過せず、プロジェクトをスケジュール通りに進行できます

デコミッショニング・エクセレンス・インダストリ・ソリューション・エクスペリエンスの価値をご覧ください。

 

  • 解体プロセスのデジタル・シミュレーション、最適化、トレーニングによって、現場作業員の安全性を高め、毎月最大2,000時間のトレーニングを短縮
  • 放射性廃棄物を減らし、被ばくのリスクを低減することで、環境への影響を軽減
  • 解体計画をデジタルで視覚化し、情報の一元管理とトレーサビリティーを確保することで、世間一般のアクセプタンスを獲得
  • さまざまな解体オプションを比較し、プロジェクトをモニタリングすることで、解体コストを削減
  • 過去のプロジェクト経験を活用することで、知識の再利用を強化