コンストラクション・エクセレンス

納期および予算内で納品

エネルギー分野のトップ企業を対象とした最近の調査によると、35%以上のプラント建設プロジェクトで、10%超のスケジュールの遅れと計画予算の超過が発生しています。主な原因の一つは、プラント建設フェーズが十分に最適化されていないことです。実際、各領域はグローバルに分散したサイロ環境で運用するシステムを使用し、雑多で不統一かつ冗長な古い情報を生成しています。さらに、定期的なステータス・レポートが異なる言語で手動生成されるという事実も、こうした困難な状況に拍車をかけています。複数の文化が混在したグローバルな分散化エコシステムでは、このようなレポートは理解されない場合があります。エンジニアリング・調達・建設(EPC)企業におけるビジネスへの影響は甚大です。数十億ドル規模のプログラムでは、コストとスケジュールの超過は数百万ドルの違約金や純粋な利益損失に発展します。このため、プロジェクト関係者は、予算とスケジュールの範囲内で建設を完了するために不可欠なコラボレーションの改善迅速で正確な判断が強く求められます。

プラント建設

3DEXPERIENCE®プラットフォームを基盤とするコンストラクション・エクセレンスは、プロジェクトの有意義な最新情報を統合する環境を提供します。この統合環境を利用することで、複数領域にまたがる建設チームは豊富な情報を基に迅速な判断を下すことができます。ジオメトリ・データを3Dの世界共通言語で確認できるため、誤解やエラーが減り、リスクを早期に特定して、最適なタイミングで是正措置を実施できます。プロジェクト関係者は、複雑な施設のグローバルな可視化イメージと単一のマスター・スケジュールを共有できます。プロジェクト・ステータスがリアルタイムで更新されるので、工期全体で明確かつ正確なプラントのイメージを維持できます。この結果、特に設計変更が必要になった場合に影響分析を効果的に実施することができ、そうした変更によって生じるコストやスケジュールへの影響を評価できます。

コンストラクション・エクセレンスは、ワークフロー管理とともに高度なフィールド・ワーク・パッケージをモニタリングするツールを提供し、さらにデジタル検証とモニタリングによって手順を早い段階でテストして修正するためのツールも提供します。その結果、EPC企業は、リーン・コンストラクションを導入してプラント・プロセスを一新できます。また、現場で判明する設計エラーも最大60%削減できるため、スムーズに生産を開始できます。

コンストラクション・エクセレンス・インダストリー・ソリューション・エクスペリエンスの価値をご覧ください

 

  • 現場作業員の安全と効率を確保し、シミュレーションによってコスト超過やスケジュールの遅れを削減
  • プロジェクト・ステータスを効果的に可視化することで、意思決定を加速して改善
  • 高度なワークフローおよびスケジュール・テクノロジーにより、リソースの使用率を高めて全体的な建設コストを削減
  • 作業パッケージをテスト項目とリンク付けることで、立ち上げ前と立ち上げフェーズを強化