キャピタル・ファシリティ・
インフォメーション・エクセレンス

信頼できる知識を共有して効果的な意思決定

急速に進化するテクノロジーへの対応と需給バランスの常時確立は、エネルギー・プロセス産業において最も緊急性の高い課題です。プラント施設のエンジニアリング、建設、運用を担当する企業は、販売する製品の差別化を図るために俊敏性と柔軟性を必要としています。通常、レガシー・テクノロジーとモダン・テクノロジーが複雑に混在するこうしたプラントでは、100万を超えるコンポーネントが存在します。数十年にわたって複数の組織が設計、設置、保守に携わっているため、情報が深く入り組んでいます。

さらに、世界中に分散したチームは互いに分断され、サイロ化された環境で作業を進めており、多種多様なツールを使って各自のさまざまなアクティビティに関連する情報を管理しています。その結果、作業の重複と不一致が発生します。こうした作業を連携させ、データを効率的に管理するための適切なプロセスとテクノロジーを導入しない限り企業はすぐにボトルネックに直面し、予算オーバーに陥り、納期に遅れが出ます。結果的に、プロジェクトの収益に影響し、設備のパフォーマンスも下がります。企業は、施設情報の包括的なリアルタイム・ビューを常に確認することで、迅速で正確かつ協調的な判断を下す必要があります。

発電所

3DEXPERIENCE®プラットフォームを基盤としているキャピタル・ファシリティ・インフォメーション・エクセレンスは、施設のライフサイクル全体でシームレスに情報を管理するための統合型コラボレーション環境を提供します。このソリューションでは、早期設計段階からエンジニアリング、建設、運用、廃棄に至るまで、情報を一元的に管理し、デジタルな連続性を確立します。複数の異なるソースのデータを網羅する統合型情報モデルにより、エコシステムのあらゆる関係者は信頼できる情報にすばやく容易にアクセスできます。その結果、生産性が向上し、豊富な情報からより良い判断を下すことができます。プラントの状況を最新のリアルタイム・ビューで包括的に確認できるため、リビジョンの作図時間が最大25%短縮され、現場で判明する設計エラーが最大60%減少します

キャピタル・ファシリティ・インフォメーション・エクセレンス・インダストリー・ソリューション・エクスペリエンスの価値をご覧ください

 

  • 複数分野でのプロジェクト連携により、スケジュールを改善し、不適合を削減
  • 正確な情報に基づく迅速でより良い意思決定により、コスト超過が減少
  • 情報のデジタルな連続性により、引き継ぎプロセスを効率化
  • 規制、契約、企業要件を効率的に管理することで、コンプライアンスを促進
  • 情報の一元管理により、知識の再利用が増加