マイ・プロダクト・ドキュメンテーション

付加価値のないタスクを減らすことで、技術文書の作成を促進

 

企業は、製品の使用方法、組み立て方法、製造方法、販売方法、修理方法を効率的に伝達する必要があります。にもかかわらず、製品ドキュメント作成がそれほど重視されていないということがよくあります。製品を操作するあらゆるユーザーが最高のエクスペリエンスを得るには、質の高いドキュメントが不可欠です。

ハード消費財やソフト消費財のメーカーは、製品情報の生成および配布方法を刷新する、パワフルで直感的なツールセットを求めています。ネイティブの3Dおよび2D製品データにアクセスできるユーザーであれば、Product Documentationの直感的なドキュメント作成機能とユーザー・インターフェースを活用して、ダイナミックな制作物を作り始められます。専門知識の有無にかかわらず、誰でも製品設計の初期段階から既存の設計データを再利用して、マーケティング資料、テクニカル・イラスト、インタラクティブな3Dエクスペリエンスなどの成果物を作成および更新できます。Product Documentationでは、ユーザー・ドキュメントと製品情報がリンクされます。Product Documentationはオリジナルの設計データを使用しているため、設計が変更されると、関連するドキュメントに直ちに反映されます。

主な特徴とメリット

  • 3Dの効果を活用して、わかりやすく正確で最新の内容のドキュメントをかつてない速度で作成
  • マーケティング・チームが、人目を引くビデオ、ストーリーボード、アニメーション作品の形でインタラクティブなユーザー・エクスペリエンスを作成し、見込み客や既存客に大きなインパクトを与えることが可能
  • 変更内容をドキュメントに容易に反映できるので、コンテンツ制作者が初期設計データを活用し、開発と並行して作業を進めることができ、市場投入時間の短縮が実現
  • ドキュメントに関連する設計の手戻りコストを削減
  • オペレータとメンテナンスの効率と安全性を改善
  • 操作エラーの減少により、製造品質の向上とコスト削減を達成
  • テキストがなくても伝わるほど明確なドキュメントを作成できるため、翻訳も不要になるので、ドキュメントを何度も作成する必要なし - 同じドキュメントで、言語の異なるユーザーにも「内容を伝える」ことが可能
  • 照明およびカメラ機能を含む高解像度グラフィックにより、写実的で魅力あふれる製品イメージを作成