マイ・アジャイル・マニュファクチャリング

製造およびサプライ・ネットワークの構築と特定により、導入に要する時間とコストを最大75%削減

 

生産施設は、機器、生産能力、人員の面でそれぞれ異なります。各施設のオペレーションを合理化し、市場投入条件を満たすには、それぞれのプラントの特性に合わせて調整可能な標準製造プロセスを確立する必要があります。

マイアジャイル・マニュファクチャリングは、ブランドに柔軟性をもたらします。まず、各企業のベスト・プラクティスに沿って、中心となる生産プロセスをシステム内でモデル化します。その後、各プラントの特性や設置機器を入力してこのプロセスをカスタマイズすることで、プラントごとの製造オペレーションが自動的に生成されます。これにより、さまざまな作業指示を手作業で定義する必要がなくなるので、貴重な時間を節約できます。

主な特徴とメリット

  • 複数プラントの実装に要する時間とコストを最大75%削減
  • 各生産施設の生産能力を効率的に活用し、市場納入条件を達成
  • 材料製造オペレーションをローカルで実行、グローバルで調整