マイ・サプライ・プランニング

卓越したオペレーションにより利益を向上し、キャパシティを売上予測と一致させる

現在のように変動の激しいビジネス環境において、消費財・小売業の意思決定者は、サプライ・チェーンの管理を改善し、要件やトレンドの変化にすばやく対応しなければなりません。自分の判断がサプライ・チェーンや最終コストに与える影響を評価する必要があります。サプライ・チェーンを再構築するべきなのか?あるいは、製品の組み合わせを最適化して収益を最大限まで引き上げるべきなのか?新しい工場設備に投資するべきか否か?こうした疑問に答えるために、メーカーはサプライ・チェーンの在庫に対する可視性を高め、在庫レベルをより緻密に制御する必要があります。

マイ・オペレーションのマイ・サプライ・プランニングアプリケーションにより、意思決定者はサプライ・チェーンの各企業のキャパシティを把握し、需要を満たすことができるかどうか判断できるようになります。マイ・サプライ・プランニングでは、KPIと仮定(what-if)シナリオに基づいて、企業が現状のサプライ・チェーンでは対応できない注文を特定し、必要な調整をタイムリーに行えるように支援します。変化が予想される場合、マイ・サプライ・プランニングは実際に変化が起こる前に、その変化がもたらす利益や総売上に対する影響を分析します。小売店やブランドは、サプライ・チェーンのキャパシティを確認し、自らのコミットメントの遂行を妨げる可能性のあるボトルネックを検出します。

マイ・サプライ・プランニング