マイ・プロダクション・プランニング

敏捷なプロダクション・プランニングにより、変化する消費者の需要に対応

メーカーは、市場の需要と顧客の要求を正確に評価してサプライヤー・プランニングを定義したら、サプライヤーのオペレーションを詳細に定義するマスター・スケジュールを作成する必要があります。スケジュールには、材料やトリムの在庫の有無とその納入タイミングや、サプライヤーごとにどの機器がどのタイミングで必要になるかといった情報を含めることができます。利用可能な配送オプション、受注、利用するサプライヤーのリストなどの情報に基づいて作成されたマスター・スケジュールを利用することで、メーカーは自信を持って顧客に対応できます。 

マイ・プロダクション・プランニングでは、各サプライヤーのオペレーションを追跡することで、個々のサプライヤー・スケジュールとプロジェクト・ステータスを詳細に確認できます。たとえば、必要な材料が時間どおりに到着するかどうか、指定された日数で何個製造できるか、機器で異常が発生していないかどうかを知ることができます。想定される問題が明らかになるため、企業は納品期限を守る別の手段を模索できます。プランニング担当者は、ガントチャートで機器ごとにスケジュールされたすべての作業指示を、生産性と納品パフォーマンスに関連付けて確認できます。期日、在庫レベル、リソース・キャパシティ、目標安全在庫、スケジュール情報と顧客注文といった入力から、マイ・プロダクション・プランニングは、高度なアルゴリズムを駆使してすべての作業と生産指示のプランニングを関連する納入日とともに大幅に見直すことができます。さらに、新しい急ぎの指示が現在のプランニングに影響を及ぼす場合は、オペレーションのスケジュールを組み直してKPIを最適化できます。 

マイ・プロダクション・プランニング