ストラクチャー・デザイン・フォー・ファブリケーション

企画からファブリケーションまで、ストラクチャー・デザインをつなげる

 

構造エンジニアは、安全で効率的な構造を作り出す必要があり、プレファブリケーションはさらに効率性を高めます。時間の制約がますます厳しくなる中で多くの経験を踏まえて、最適なソリューションを導き出すことが求められます。オーナーと設計者は、より複雑な構造を要求するようになっています。それに対応するため、構造エンジニアは、他の設計要件をクリアしながら、構造の軽量化を図り、新素材を採用し、先進的な設計ソリューションを用いて、革新性を追求しています。複数のプロジェクトを分断されたソリューションで管理するのでは、構造エンジニアが適切なコストと高度な技術を盛り込んだソリューションを実現することができません。

クラウドベースの3Dエクスペリエンス®プラットフォームで構築されたストラクチャー・デザイン・フォー・ファブリケーション・インダストリー・プロセス・エクスペリエンスは、統合されたBIM環境によって、企画から設計、ファブリケーション、施工まで、プロジェクトの情報を最初から最後ませ効率よく連携します。コンクリート、金属のフレーム、プレキャスト、ファサード、橋、トンネルなど、幅広いプロジェクトの構造要素をモデル化し、シミュレーションして、解析します。また、パラメトリック、コンピュテーショナル デザインや、モデリング手法を活用して生産性を高め、ナレッジ デザインを使用してプロジェクトを最適化します。

ストラクチャー・デザイン・フォー・ファブリケーションは、適切なデータを連携することで、高度なコラボレーションを可能にします。人材、テクニック、テクノロジーをまとめて、高いパフォーマンスと価値を創造し無駄やエネルギーを低減します。

主な機能とメリット

  • 効率の良い建物や公共インフラを設計します。設計時間を短縮し、不整合を解消し、ライフサイクル全体でコスト削減を達成します。
  • 建設プロジェクトの管理を改善します。初期モデルを製造や据え付けのフェーズまで広く活用して、無駄や現場でのやり直しを減らします。
  • 3D情報を一元管理します。オーサリングや、膨大な量のデータを「単一の画面」で確認できることで、関係者のコラボレーションが容易になります。
  • 3Dエクスペリエンス・プラットフォームの効果を活用できます。今後のプロジェクトで統合BIM環境を使用することで、これまでにないデータ オリエンティドな設計環境を作り上げます。関係者がプロジェクト・データや設計モデルにリアルタイムで同時アクセスできる真のコラボレーション環境を利用できます。ダッソー・システムズのAECデータ・モデルで、複数のCAD形式、BIMデータ、と様々なデータ・ソースを統合します。