建築・建設業界のほとんどのプロジェクトは、設計者、建材メーカー、ゼネコンから成るプロジェクトごとに異なるチームによる共同作業です。それぞれが独自のシステムを使って設計やBIMデータを更新しますが、プロジェクトに関する情報が完全に共有されていません。こうした分断された状態から多くの無駄が発生しています。そのうち25%以上は冗長な設計による、設計変更や手直しの原因となっています。

ダッソー・システムズの3Dエクスペリエンス®プラットフォームを基盤とするデザイン・フォー・ファブリケーションでは、建設プロジェクトの情報を一元管理します。シームレスなコラボレーション・プロセスを導入することで、複数のプロジェクト関係者の時間とコストを大幅に削減し、統合されたBIM環境で品質が改善されます。

デザイン・フォー・ファブリケーションは、設計図から施工図、製作図まで、あらゆるフェーズのデータをシームレスに組み合わせ、建設プロジェクトの情報を一元管理します。建設プロセスの工業化により、設計のモデルがファブリケーションに継承されます。このBIM環境は、従来の設計建設プロセスで発生していた無駄、手直しを大幅に減らし、プロジェクト・オーナーや関係者に大きなメリットをもたらします。

クラウドベースの3Dエクスペリエンス・プラットフォームで構築されたデザイン・フォー・ファブリケーション・インダストリー・ソリューション・エクスペリエンスは、企画から設計、ファブリケーション、施工まで、プロジェクトの情報を最初から最後までで効率よく連携します。

統合されたBIM環境は、適切なテクノロジーをつなげることで、高度なコラボレーションを可能にします。

主な機能とメリット

  • 企画レベルから詳細に至るまで、意匠、構造、設備の各設計とシミュレーションが行えます。
  • パラメトリック、コンピューテショナル デザインのモデリング手法を活用して、生産性を高め、プロジェクトの最適化を進めます。
  • テクニック、テクノロジー、それを持ち合わせた人材の組み合わせで、高いパフォーマンスと価値を産み出し、環境への配慮や無駄を減らします。
  • サプライチェーン全体のエキスパートの知見を取り入れ、ナレッジベースの設計を行います。

3Dエクスペリエンス・プラットフォームという新たなテクノロジーの導入により、建築・建設業界はプロセスの自動化を進め、多くの価値を生み出します。

ハビエル・グラット CadMakers社、共同創立者兼CEO