レディネス・コントロール・センター

レディネス・コントロール・センター

レディー・フォー・レート・インダストリー・ソリューション・エクスペリエンスの一部であるレディネス・コントロール・センターは、一貫したプランニングをサポートし、製造の各段階でコストとスケジュールの差異を測定できるように支援します。レディネス・コントロール・センターは、製造エンジニアや産業エンジニアが予想されるリスクに対処できるようにサポートします。メーカーは、製品および製造プランニングの情報を社内の異なるレベルで迅速に共有することができます。このように、一元管理された情報にアクセスすることで、チームは、生産率、スケジュール、コストの計画とのずれを測定してモニタリングできます。プラントおよび製造部門の責任者は、履歴データを検証して将来を予想することもできます。

主な特徴とメリット

  • WBS、成果物完了とのトレーサビリティを確保し、スケジュールを確実にモニタリング
  • 3Dマニュファクチャリング・デジタル・モックアップ(MDMU)を使用することで、製品および製造プランニングを加速
  • 生産データ(スケジュールやコストの違いなど)を使用して将来のパフォーマンスを予測することで、設計プランと履歴データを検証
  • プログラムや製造実施に対するリスクを予測して軽減
  • スケジュールや製造プランニングに対する設計変更の影響を分析して追跡