アナリストによると、エラーと無駄の30%以上は生産段階で発生しています。航空宇宙・防衛業界のメーカーやその他の大手システム・メーカーが、複雑化するシステムの管理、厳しい納期目標の達成に苦心するのも当然です。サプライ・チェーンおよび生産計画に対応するレディー・フォー・レート・インダストリー・ソリューション・エクスペリエンスは、メーカーが短期間で最高の生産レートに達することができるように支援します。レディー・フォー・レートを導入することで、設計エンジニアと製造プランナーが早い段階でコラボレーションして、設計の組み立てを検証し、想定した速度で生産できることを実証できるようになるので、生産速度と品質を短期間で達成できます。

未来の工場を現在の視点で実現

 

デジタル・モデリングと製造計画、実行システムが緊密に連携したエンドツーエンドのデジタル・システムを導入することで、どのような効果が生まれるでしょうか。現在考えられる未来の工場では、プランニングから製造現場までデジタルな連続性が実現されます。

従来の縦割りの製造環境では、部品に関する判断が土壇場で行われ、それに伴うマテリアル・フローやプロセスの調整で、常に混乱が生じていました。デジタル環境の、製造プランナーは変化に応じて機敏に対応できます。たとえば、構成部品が後から決定された場合でも、デジタル・モデリングおよびプランニングの段階では特性で構成部品を記述しておき、設計が完了したものとして実行計画をすすめられます。

生産プロセスにおけるデジタル連続性は、シンプルで強力なレポート作成ツールでスタートします。プランナーは、プラント、ライン、セルのパフォーマンスを評価する主要業績指標(KPI)に基づいて、グローバル生産システムをリアルタイムで確認する必要があります。

スケジュールを統合し柔軟に対応

 

スケジュール、作業、リソースは、先を見越して追跡管理されます。これが生産プロセスのデジタル連続性です。生産のさまざまな側面をシミュレーションすることで、リスクを最小限に抑え、柔軟性を高めて、予測需要ではなく実際の需要に対応できます。

レディー・トゥー・レートの製造価値をご覧ください。

  • 仮想アセンブリーと製造プランニングのリアルタイムの可視性と管理により、初期品質を改善
  • 最適化されたプランニング・チームにより、データおよびコンテンツの品質達成を加速
  • 製造オペレーション戦略を分析して最適化し、生産速度を高めながら予算と期日を厳守
  • グローバルなサプライ・チェーン・ネットワークをプランニングしてシミュレーションし、継続的に最適化

3Dエクスペリエンス・プラットフォームは、設計、納品、保守のマスターデータ、独自のプラットフォームを提供します。このデジタル連続性が、すべての拠点をつなぎ、誰もが同一の最旬製品情報にリアルタイムでアクセスできます。

Pascal Tavernier氏 MEDSプロダクト・マネージャー、Messier-Bugatti- Dowty