防衛

イノベーションを加速しながら、期日内、コスト内、スケジュール通りに納入

コスト構造の見直し、リーン・プロセスの導入など

防衛予算は再び増加に転じていますが、構造的な間接費や非効率の懸念は解消されていません。これまでの防衛セクターは、専用の開発モデルが基本であり、最先端開発やコンプライアンス要件が重くのしかかり高コスト構造が常態化し、開発サイクルは長期化し、市場の先行投資能力にも限界がありました。

企業はサプライチェーン全体のコラボレーションを管理し、IPを制御して、プログラム・リスクを緩和する必要があります。予算内でプロジェクトを進め、研究開発に継続的に投資するために、OEM(相手先ブランド名製造業者)は、コスト構造を見直し、リーン・プロセスを導入して、スケジュール通りかつ期日通りと納入契約を改善するというたくさんのプレッシャーにさらされています。

防衛企業は、ダッソー・システムズの3DEXPERIENCEプラットフォームを活用することで、コンセプトから離陸に至るプログラム進行を最大50%早められ、次のようなメリットが得られます。

  • 同じリソースで1,000通りのコンセプトを検証
  • 新たなプログラムの開発に要する時間とコストを40%~60%短縮
  • 製造エラーを最大25%削減、廃棄物を20%なくし、初回品質を最大15%改善

防衛企業は、ダッソー・システムズと提携することで、より多くの入札を獲得し、プログラムの進行速度を引き上げて、生産レートを向上させ、製造アジリティを改善できます。詳細をご覧ください。