航空機OEM

スケジュール、仕様目標、予算の範囲内で製品を納入することで、拡大する航空機需要に対応

プログラム進行の加速、生産レートの向上、その他多くのメリット

グローバルな商用航空宇宙産業では、飛行機を使った旅行の増加や航空機の稼働率の上昇により、収益や売上の大幅増加が引き続き期待されます。航空会社や運営会社では、古くなった機体を廃止し、新たな素材、複合材、テクノロジーを採用した次世代の省エネ機体に入れ替える動きが加速しています。

この記録的な需要(今後20年間で最大33,000機)に対応するために、航空機OEM(相手先ブランド名製造業者)は、設計、生産、納入のあらゆる側面を変革し、さらなる効率化を図る必要があります。現在の航空宇宙メーカーはスピードアップによって需要を満たし、米国やヨーロッパ諸国の新興企業だけでなく、ロシア、中国、日本、インドからの新規参入企業は、この成長市場のシェアを勝ち取るために認証を得る必要があります。

航空機OEMは、スケジュール通り、目標、予算の範囲内で機体を納入し、さらに新たなテクノロジーを統合して、認証で求められる複雑な規制を順守するには、どうすればいいのでしょうか?航空機OEMは、ダッソー・システムズのソリューションである3DEXPERIENCE プラットフォームを活用することで、コンセプトから離陸に至るプログラム進行を最大50%早めることができます。

  • 同じリソースで1,000通りのコンセプトを検証
  • 新たなプログラムの開発に要する時間とコストを40%~60%短縮
  • 製造エラーを最大25%削減、廃棄物を20%なくし、初回品質を最大15%改善
  • 認証取得コストを最大25%削減
  • パーソナライズされた機内エクスペリエンスにより、落札率を改善

ダッソー・システムズと提携することで、落札数が増加し、プログラム進行速度が上昇し、生産レートが向上し、製造アジリティが改善され、認証取得までの時間を短縮できます。詳細をご覧ください。