航空宇宙サプライヤー

OEM顧客が要求する時間、目標、コスト範囲内を達成

新たなサプライヤー戦略でシフトする需要に対応

航空機OEM(相手先ブランド名製造業者)と大手一次サプライヤーは、サプライチェーンのより小規模な階層サプライヤーに対してリスクと責任の移行を進めています。成功を収めているサプライヤーは、イノベーションを駆使して生産性を高めることでコストダウンを進め、納期を守ることでこの動きに対応しています。

航空宇宙サプライヤーは、最高レベルの品質を確保し、生産予定日を順守し、毎年コスト削減を達成する必要があります。サプライヤーは、厳しい競争を勝ち抜き、さらに発展するために、ビジネスのあらゆる側面で革新を進める必要があります。特に運用コストの大幅な改善を達成し、OEMや一次サプライヤー顧客との密接な関係を構築しなければなりません。

サプライヤーが大手航空機メーカーやシステムおよびエンジン・メーカーからのプレッシャーを乗り越えて、品質改善、納期短縮、コスト削減に取り組みながら、10~15年の長期供給契約を勝ち取り、定期的な値下げを約束し、不具合が生じた場合の責任を引き受けるには、どうすればいいのでしょうか?

航空宇宙・防衛産業分野の中小規模のサプライヤーは、ダッソー・システムズと提携することで、初期コンセプトから納入までの時間を最大50%短縮できます。強力な3DEXPERIENCEプラットフォームを活用する企業は、次のようなメリットが得られます。

  • チーム全体が 単一のリアルタイムのプログラム・データにアクセス することで、メンバー全員による同時作業を実現
  • 変更(プログラム、システム、サブシステム、構成部品)を追跡して、規制当局とOEMの両方に対応する完全なトレーサビリティーで 仕様へのコンプライアンスを確保
  • KPI、提案、プロジェクトの リアルタイム・ステータスで収益性を確保するなど、駆動力のある管理されたアプローチで、プロジェクトの実施を改善

ダッソー・システムズのソリューションによって、サプライヤーが競争の激しい航空宇宙市場を勝ち抜き、総利益や収益、市場シェアの拡大をどのように実現するのかご覧ください。