2016 製造業革新セミナー in 大阪
~事例に学ぶ、設計改革実践編

On October 18, 2016
2016年10月18日(火)13:15-18:00
第二吉本ビルディング C会議室
ヒルトンプラザウエスト オフィスタワー8階
〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目2番2号 名古屋 Japan
Japanese, Japanese, Japanese, Japanese

ダッソー・システムズ主催、2016 製造業革新セミナー を大阪にて開催いたします。

会     期 2016年10月18日(火) 13:15-18:00

会     場 第二吉本ビルディング A+B会議室

主     催 ダッソー・システムズ株式会社

協     賛 インターメッシュジャパン株式会社/ 株式会社 豊通シスコム (50音順)

入 場 料  無料

来場対象者 製造業の研究・開発・設計・技術管理部門の方、

情報システム部門の方、経営改革・業務改革に携わっている方

 

[開催趣旨]

今年で5年目となる本セミナーは、これまでモジュラー設計、グローバル対応、設計標準化、設計・開発におけるコスト・マネジメントなど製造企業の競争力向上と課題解決を支援するテーマを設定し開催して参りました。本年は「事例に学ぶ、設計改革実践編」と題して、株式会社 本田技術研究所 四輪R&Dセンター様による要求分析技術を活用したデジタルエンジニアリング検証プロセス設計についてご講演いただくほか、特別講演として『プロフィタブル・デザイン -iPhoneがもうかる本当の理由―』の著者プリベクト代表の北山氏より、3次元設計導入の正しいポイントと、50年後も生き続ける企業へ変革するためのブレない改革プランの描き方を解説いただきます。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

<<セミナーお申込み先着20名様に>>
プリベクト代表 北山氏著書「プロフィタブル・デザイン iPhoneがもうかる本当の理由」をプレゼント!

プログラム

13:15 - 13:20

 オープニング

 ダッソー・システムズ株式会社

13:20 - 14:15

 【特別事例講演】
 「要求分析技術を活用したデジタルエンジニアリング検証プロセス設計
        ~ R-F-L-Pモデルの性能検証プロセスでの活用 ~

 車体エクステリアシステム開発のシミュレーションの役割は、現物模擬のための解析技術の精度向上、新材料への適用分野拡大、設計者やビジネスリーダーでの活用など、多方面の適用展開が望まれている。
 本講演では、エクステリア部品の開発プロセス進化を目指し、専門的な解析技術をより広範囲のユーザーが活用するための取り組みとして、開発初期段階で構築したR:要求、F:機能、L:論理、P:物理の体系化を性能検証プロセスに活用する事例を紹介します。

 株式会社 本田技術研究所 四輪R&Dセンター
 第9技術開発室 第3ブロック 研究員

 西岡 良太 様
 松尾 雅和 様

14:15 - 15:15

 【特別講演】
 「3D CADへの再挑戦! ~もう二度と失敗しない導入の方程式」

 「3D CADの必要性はわかっているが、どうせ失敗する」

 「3次元設計は失敗した。再挑戦したいがどう導入していいかわからない」

 そう思っている企業は多いのではないでしょうか。3D CADは誕生して30年も経ちます。企画量産品である自動車や電機メーカーは、導入が完了し大きな効果を得ている一方で、個別受注型製造業では未だに導入すら成功していない企業が多いです。なぜでしょう?それは、3次元設計のデメリットの理解不足と、流用設計という仕事の仕方が大きな阻害要因となっているのです。3次元設計導入の正しいポイントと、設計プロセスとの適合を間違えないことが重要となります。どうせ3次元CADは失敗すると思わず、50年後も生き続ける企業へ変革するためのブレない改革プランの描き方を解説します。

 株式会社 プリベクト 
 代表取締役

 北山 一真 様

15:15 - 15:45

 「製品機能・品質向上の追求のための設計効率化 ~ 3DCADへの再挑戦を支える技術情報基盤のご紹介」

 3DCADの活用により、生産前に机上検討を行える幅が飛躍的に広がり、製品の性能・品質向上が可能となりました。しかし、その反面、2DCADやノンパラメトリック3DCADに比べ、設計工数を圧迫しているのも事実です。本セッションでは、付加価値を創造する工数を確保しつつ、それ以外の作業を効率化し、競争力の高い製品開発を実施するための設計ツールとその使い方をご紹介します。

 ダッソー・システムズ株式会社
 3DSバリューソリューション事業部 営業技術部
 ビジネスコンサルタント

 余田 和明

15:45 - 16:00

 休憩

16:00 - 16:30

 
 イノベーションを仕掛けるPLM ~3Dエクスペリエンスによる設計と解析の融合~」

 昨今イノベーションは企業の競争力の源泉となりつつあります。

過去の事例を引き合いに、必要となる環境や条件など数多くの議論がなされてきましたが、異なる組織間、分野間での密な交流が、イノベーションを企業にもたらす可能性の一つとして挙げられています。

 本セッションでは、設計と解析の融合を主なテーマとして、3Dエクスペリエンスの活用事例をご紹介致します。

 ダッソー・システムズ株式会社
 3DSバリューソリューション事業部 営業技術部
 ソリューションコンサルタント

 フランソワーズ セバスチャン

16:30 - 17:15

 
 設計者CAEを促進する解析テクノロジーのご紹介

 昨今、CAEは専任者だけが行うものではなくなってきています。

 CAEを設計者が使うことにより、より効率の良い設計が行うことができるようになりつつあります。

 インターメッシュジャパンではダッソー・システムズソリューションにおけるSIMULIAブランドの専門パートナーとして、3Dエクスペリエンス・プラットフォームを中心として、様々なCAEソリューションをご提供しております。その中でもコアテクノロジーとなる、構造解析ソフトのAbaqus ・自動化・最適化ソフトのIsight・トポロジー最適化ソフトのTOSCAを中心にご紹介させていただきます。

 インターメッシュジャパン株式会社
 技術部

 宮藤 あゆみ 様

17:15 - 18:00

 「幾何公差設計の必要性とPLM」

 日本製造業と日本の設計者の現状を踏まえ、なぜ幾何公差設計が必要なのかをご紹介します。また、これを踏まえ、設計現場に求められるPLMをご提案します。

 株式会社 豊通シスコム
 製造ソリューション部

 

*プログラム内容は、予告なく変更される場合がございますので予めご了承ください。

お申込み

2016 製造業革新セミナー in 大阪
~事例に学ぶ、設計改革実践編

所在地 2016年10月18日(火)13:15-18:00
第二吉本ビルディング C会議室
ヒルトンプラザウエスト オフィスタワー8階
〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目2番2号
名古屋
Japan

2016年10月18日(火)13:15-18:00
第二吉本ビルディング C会議室
ヒルトンプラザウエスト オフィスタワー8階
〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目2番2号
名古屋