Akka

自動車・輸送機械・モビリティ業界の事例

  • 挑戦

    AKKA テクノロジーズ社とその社内 R&D センターである AKKA リサーチは、自動車メーカー向けの新しいモビリティ・ソリューションの専門知識を紹介したいと考えていました。そのコンセプトカーのデザインには、創造性と革新性を掲げる一方で、コンセプト開発とサイクル・タイムの短縮により一層の機敏さを必要とされました。

  • ソリューション

    AKKA テクノロジーズと AKKA リサーチは、自動運転の Link&Go 2.0 電動輸送車のさらなる開発のために、ダッソー・システムズのクラウド型 3DEXPERIENCE プラットフォームを採用しました。

  • 成果

    このクラウドは、開発プロセス全体にわたるデジタルな連続性とアイデアから車両組付けまでの完全なデータ互換性を可能にする、領域横断的なマルチサイト設計のコラボレーションを促進しました。

未来の発明

今日の自動車には、運転を容易にする技術が満載されています。たとえば、他の車両から安全な距離に車を維持するセンサー、方向指示なしで車線変更したときに警告する機能、居眠り運転に注意を促す機能、差し迫った衝突を検知する車載センサーなどです。ますます多くの車が、私たちをある地点から別の地点へと移動させるだけではなく、安全に送り届けることを目指しています。これらは、周りで何が起こっているのかをより敏感に認識し、事故を予防し、最終的に命を救うために役立ちます。技術がより成熟するにつれて、自動車はよりスマートな存在になっていきます。

これらの技術は車そのものに限られていますが、コネクテッド・ワールドでは、モビリティに対して、さらなるコミュニケーション能力やオープンなアプローチが消費者から求められます。受信するデータに応じて車がどのように挙動するかを変更可能な情報を受発信するには、車両を他の技術とコネクトする必要があります。「このスマート&コネクテッド・カーの時代は、私たちのもとにあります」と AKKA テクノロジーズ、チーフ・イノベーション・オフィサー、フィリップ・オベリー氏は述べています。

エンジニアリングと技術コンサルティングの国際的なグループである AKKA テクノロジーズのような最先端企業と、そのイノベーション・センターである AKKA リサーチは、イノベーションを彼らの中心テーマにしています。「私たちは、お客様の産業プロジェクトを支援していますが、業界や社会全般に利益をもたらすことができる独自の最先端なプロジェクトを開発することにも、弊社のエンジニアリングとデジタル技術の専門知識を活用しています」

私たちは、今日のソリューションで将来の課題を満たすことはできませんが、革新的なソリューションがあれば成功することは確かです。

フィリップ・オベリー氏

フィリップ・オベリー氏、AKKA テクノロジーズ、チーフ・イノベーション・オフィサー

面倒をみてくれる車

その画期的なプロジェクトの一つが Link&Go コンセプト・カーとその後継である Link&Go 2.0 です。将来の車両に対して自動車 OEM が関心を持つであろう革新的なものが盛り込まれた電気自動運転車です。「Link&Go 2.0は、最近たくさん報じられている分野、すなわち自動運転車に対する私たちのビジョンを示しています。このプロジェクトは AKKA リサーチを先駆します。なぜならば、未来を予測する最善の方法は、それを発明することだと私たちは考えているからです」とフィリップ・オベリー氏は述べています。

AKKA リサーチにとっての未来の車は、交通信号、標識、料金所、道路、スマートフォン・アプリなどのスマート・インフラと通信できる、コネクトされたすべての電気自動運転車です。この進化は、将来の都市におけるモビリティの様相を変えるはずです。Link&Go 2.0 は、車そのものの領域を超えて、コネクテッド・カーが都市交通の将来にどのように適合するかを全体的に見せてくれます。「電気自動運転車は、他の車、公共交通機関、サイクリストや歩行者を含むモビリティ・インフラの一部であり、洗練されたセンサーとアプリケーションは、クラウド上で実行されて連係されます。それらはすべて一元的に機能し、最小限のコストで、可能な限り低い炭素排出量で、ある場所から別の場所まで人々を安全に送り届けます。そして、もちろん、これはシンプル・エクスペリエンスで流動性があり便利でなければなりません」とフィリップ・オベリー氏は述べています。「Link&Go 2.0 には、自動車、航空宇宙、鉄道の分野で使われる技術とアイデアが組み合わされています。この自動運転車は公共交通機関の利用者が享受するという利便性を提供します。駐車スペースを心配する必要はなく、相乗りや、たとえば本を読んだり、ネットサーフィンしたり、途中で友達とチャットしたりするなど、お気に入りの時間を過すことができます」

Link&Go コンセプト・カーの 3D デジタル・モックアップ
ダッソー・システムズのソリューションで設計された Link&Go コンセプトカーの 3D デジタル・モックアップ

マルチ・サイト・プロジェクトの挑戦

AKKA リサーチチームは、ダッソー・システムズの3DEXPERIENCE クラウド型プラットフォーム の革新的技術を採用し、Link&Go 2.0 を開発しました。その理由を「私たちは、このチームが、規律や場所に関係なく、すべてのプロジェクトのステークホルダーのニーズに応えると信じているからです」とフィリップ・オベリー氏は述べています。実際、Link&Go 2.0 はフランスとドイツの AKKAのオフィスで働く40人のエンジニアのチームによる成果でした。「私たちの最大の課題の一つは、多様なバックグラウンドからさまざまなスキルと専門知識を持つ人々が、異なる場所で円滑に連携して作業ができるようにすることでした」と AKKA リサーチのプロジェクトマネージャー、ジェローム・ジュリアン氏は述べています。「クラウド型 3DEXPERIENCE プラットフォームのおかげで、これが可能になりました」プロジェクト参加者は、必要なときに必要とされるすべてのアプリケーションにアクセスできます。彼らはもはやアプリケーションやシステム管理のために、IT部門に依存する必要がありません。同じデータとアプリケーション環境を共有することで、真のデジタルな連続性とアイデアから車両組付けまで、完全な互換性を享受しています」

さらに彼は次のように続けています。「すべての製品とプロジェクトのデータはクラウド上にあります。これで、他の人のコンピュータに保存されている情報を検索したり、バックアップの実行を忘れたために失われた情報を探さなければならないといった頭痛の種が解消されました。ダッソー・システムズのクラウド管理チームは、定期的にデータをバックアップし、完全なセキュリティを確保するためにデータを暗号化しています。このおかげで、誰もが車両の 3D デジタル・モックアップにリアルタイムでアクセスして同じオフィスで働いているようにアイデアを交換することができます。クラウドは、マルチ・サイト・コラボレーションへのアプローチを確実に変えました」とジェローム・ジュリアン氏は述べています。

クラウド型 3DEXPERIENCE プラットフォームは導入が簡単で、設計、シミュレーション、データ管理アプリケーションはシンプルで直観的です。「2日足らずで、8つのサイトすべてが完全に稼働していました」とジェローム・ジュリアン氏は述べています。「私たちはダッソー・システムズと同じ価値観を持つ人たちによって共有される共通のビジョンに基づいて長期的なパートナーシップを持っています」とオブリー氏は述べています。「ダッソー・システムズの業界チームは、Link&Go 2.0 プロジェクトに対して、AKKA テクノジーズに全面的なサポートを提供してくれます」とジェローム・ジュリアン氏は補足しています。「プラットフォームの展開や日常的な使用において、このパートナーシップは効率的であるだけでなく、プロジェクトにとっての本当の資産でもあります」

ダッソー・システムズのパートナーである Keonys がプロジェクトの早い段階で円滑な展開を可能にしました。「Keonys は最初から参加して、プロジェクトの進捗状況に迅速に対応するための専門知識を私たちに提供してくれました」とオブリー氏は述べています。「AKKA と Keonys の両チームは完全に調和していました。Keonys は、さまざまなサイト間の連係をさらに合理化した革新的でコラボレーティブな PLM 手法の実装も支援してくれました」

AKKA テクノロジーについて

AKKA テクノロジーズは、ヨーロッパ、アメリカ、アジアに 11,000 人の従業員を抱えるエンジニアリングおよび技術の国際的なコンサルティング・グループです。当グループは、独自の研究センターである AKKA リサーチを有しており、将来の技術革新と期待に対して全面的に取り組んでいます

業務: 航空宇宙、自動車、鉄道など多様な分野に対応する技術&イノベーション・リサーチプロジェクト
従業員数: 11,000
本社: フランス、パリ

より詳細な情報 www.akka.eu

コミュニティ・アプローチ

AKKA テクノロジーのような国際企業にとって、同じデータへ一元的にアクセスして遠隔操作することが、情報を前後に転送することの落とし穴、つまり物事をかなり減速させて傍受の危険にさらされる可能性の回避につながります。「実際に違いを生み出したのはコミュニティでした」とジェローム・ジュリアン氏は述べています。「重要なプロジェクトや製品情報を楽しみながら賢明な方法で共有、レビューおよび利用できる弊社のエンジニアは大変気に入っていました。これがアイデアとイノベーションを刺激しました。ソーシャル指向のこの設計アプローチは、アイデアを表現したり、他の人にフィードバックを提供することに非公式なひねりを加えます。提案は掲示され、論議され、そして保持されるか、または車両設計に使用されない可能性がありました。

ダッシュボードには、関連するすべてのプロジェクト情報が表示され、エンジニアリング・アプリケーションにすばやく簡単にアクセスできました。またここには、プロジェクトの状況やマイルストーンなどの情報、RSSフローによる外部情報源も含まれていました。「コミュニティとダッシュボードがチーム・スピリットを高めたことは確かです」とジェローム・ジュリアン氏は述べています。

3DSExperience Catia について
AKKA テクノロジーズのエンジニアは、ダッソー・システムズのソリューションを使用して、クラウドでホストされている単一のコラボレーティブなプラットフォーム上で Link&Go コンセプト・カーのアイデア出し、設計、シミュレーション、検証を行います。

3DEXPERIENCE プラットフォームの設計アプリケーション CATIA は、機械式、電気式、流体式システムの設計と組み立て、車両のメカトロニクス・システムに使用されました。Link&Go 2.0 の主な課題は、車両の機械的および電気的コンポーネントをつなぐ複雑なメカトロニクス・システムです。AKKA リサーチ社の作業パッケージ・リーダー、アンワル・ドゥイーブ氏は次のように述べています。「たとえば、物理なプロトタイプを組み立てる前に、CATIA Systems を使用してワイヤーシステム、電動アシストパワーステアリングの挙動をモデル化しました。仮想モデルのエラーの検出と修正をより簡単かつ迅速に行えました。Link & Go 1 では、実際のプロトタイプだけを使って作業しましたが、数週間でテストと調整を終えました」とアンワル・ドゥイーブ氏は述べています。

イノベーターのファミリー

AKKA リサーチの Link&Go 2.0 コンセプト・カーは、将来の都市のモビリティの課題に革新的なソリューションを提供します。エンジニアリングのノウハウをハイテク、クラウド、ビッグデータ、コグニティブ・インテリジェンス分野の技術とツールに結びつけたスマートな Link & Go 2.0 車両は、30年以上前にモーリス・リッチ氏が創設した家内企業をより大きな野心に向かって将来的に加速します。将来の都市の中心に、消費者のニーズに応えるモビリティサービスを組み合わせて提供します。「今日のソリューションで将来の課題を満たすことはできませんが、革新的なソリューションがあれば成功することは確かです」とフィリップ・オベリー氏は結論付けています。

Keonys について

Keonys は、製品ライフサイクル管理(PLM)ソリューションのコンサルティングと統合を提供するキープレーヤーです。20年以上にわたり、Keonys はあらゆる規模の業界のお客様が新しい製品やサービスの開発を最適化して加速させるために技術革新を支援しています。

Keonys は、革新的な Link&Go 2.0 プロジェクトの開始時から AKKA テクノロジーズと提携し、ダッソー・システムズのクラウド型 3DEXPERIENCE プラットフォームを中心に複数の場所で40人のエンジニアが参加してさまざまなエンジニアリング分野を連携させるためのコラボレーティブな PLM 手法を実装しました。

詳細については、 www.carbomill.chを参照してください