沿革

デジタル・モックアップから3DEXPERIENCEへ

2017年 - No Magic買収

ダッソー・システムズは、新しいコネクテッド・エクスペリエンスを推進するために、モデルベースのシステムズ・エンジニアリング、ソフトウェア・アーキテクチャおよびビジネス・プロセスのモデリング ソリューションにおけるトップ企業、No Magicを買収し、システムズ・エンジニアリングにおける足場を強化しました。これにより、航空宇宙・防衛産業、自動車・輸送機械・モビリティ業界、ハイテク業界では、組込システム設計やシステムズ・エンジニアリングを一般化する統合ソリューションのすべての面に対処し、「エクスペリエンスのインターネット」の業界標準を拡張することができます。

» 詳細はこちら

2017年 - ボーイングとのパートナーシップ

ボーイングおよびダッソー・システムズは、パートナーシップの拡大を発表しました。これによりボーイングは、ダッソー・システムズを広い範囲で採用して、マニュファクチャリング・オペレーション・マネジメントおよびプロダクト・ライフサイクル・マネジメントに3DEXPERIENCEプラットフォームを導入しました。ボーイングは10億ドル相当の30年にわたる契約に署名しました。この契約は10年ごとに更新されます。

» プレスリリースを読む


2017年 - Outscaleの株式の過半数を取得

ダッソー・システムズは、Outscaleの株式の過半数を取得し、急成長するクラウド企業としての位置を強化しました。これにより、独立したクラウド アプローチによるグローバル クラウド リソースと、クラウド採用による産業イノベーションは、もはや実現できるかどうかの問題ではなく、いつ実現するかの問題になりました。

» プレスリリースを読む

2017年 - Exa Corporation買収

ダッソー・システムズはExa Corporationを買収し、3DEXPERIENCEプラットフォームに次世代の流体解析機能を加えることで、シミュレーション・ポートフォリオを強化しました。あらゆる業界および企業のお客様にご利用いただける、実績のあるテクノロジーとソリューションであり、バリューチェーン全体でデジタル・エンジニアリングの機能を強化します。

» プレスリリースを読む

2016年 - Ortems買収

ダッソー・システムズはDELMIAの製造ポートフォリオ拡大の一環としてOrtemsを買収し、生産計画およびスケジューリングを強化しました。

» プレスリリースを読む

2016年 - CST買収

電磁シミュレーションにおけるテクノロジー・リーダー、CSTの買収により、SIMULIAのマルチフィジクス、マルチスケールを拡張し、また、Next Limit Dynamicsの追加により、流体解析シミュレーションにおける機能を強化しました。

» プレスリリースを読む

2015年 - Modelon GmbH買収

CATIAについては、自動車・輸送機械・モビリティ業界の変革にとって戦略的なシステム モデリングとシミュレーション分野で「レディ・トゥー・エクスペリエンス」コンテンツを提供する専門企業である、Modelon GmbHを買収したことで、複雑なメカトロニクス・システム・エンジニアリングが対象に加わり、その機能群がさらに強化されました。

»プレスリリースを読む

2015年 - フランスの株式会社から欧州会社へ

ダッソー・システムズは、親企業の法人格をフランスの株式会社(société anonyme)から、欧州会社(Societas Europaea、SE)への変更手続きを完了しました。欧州会社という法人格の採択は、ダッソー・システムズの国際的な規模と、欧州における地位の高まりを十分に反映したものです。

» プレスリリースを読む

2014年 - ダッソー・システムズ、BIOVIA リリース

Accelrysの買収により、バーチャル・バイオスフィアとマテリアル専用の新しいブランド、BIOVIAを新設しました。グローバルでコラボレーティブなプロダクト・ライフサイクル・エクスペリエンスで科学イノベーションを変革します。

» BIOVIAの詳細

2013年 - Archivideo買収

Archivideoの買収により、リソースおよび地球モデリングを拡張し、GEOVIAアプリケーションを拡充しました。

» GEOVIAの詳細

2013年 - Apriso買収

マニュファクチャリング・ソフトウェア・ソリューションのトップ企業、Aprisoの買収により、3DEXPERIENCEプラットフォームにグローバル・マニュファクチャリング・オペレーション・マネジメントが加わりました。

» DELMIAの詳細

2012年 - 新ブランドGEOVIAの設立

鉱業セクターのGemcom Software International Inc. (Gemcom)を買収し、地球のモデリングに特化した新ブランドGEOVIAを設立して、新しい業界セクター、天然資源産業に取り組んでいます。

» GEOVIAの詳細

2012年 - 3DEXPERIENCE

ダッソー・システムズの戦略を 3DEXPERIENCEに拡張しました。

» 3DEXPERIENCEプラットフォームのご紹介

2012年 - Netvibes買収

Netvibesを買収し、インテリジェントなダッシュボード機能とSquareClockにより、クラウドベースの3D空間プランニング・ソリューションを追加しました。

» NETVIBESの詳細

2012年 - 初のインダストリー・ソリューション・エクスペリエンス

ダッソー・システムズ初のインダストリー・ソリューション・エクスペリエンスをリリースしました。

» インダストリーの詳細

2011年- Intercim買収

Intercimの買収により、DELMIA製品を拡充しました。

» DELMIAの詳細

2011年 - Enginuity買収

Enginuityの買収により、配合式ベース業界向けENOVIAの業界製品を拡張しました。

» ENOVIAの詳細

2011年 - ダッソー・システムズとAmazon Web Services

ダッソー・システムズとAmazon Web Services (AWS)が、クラウド・サービス契約を締結しました。

 

2010年 - IBM PLM買収

ダッソー・システムズは、IBMのPLMソフトウェアのマーケティング、販売、サポートを専門とする事業部門、IBM PLMを買収し、流通・販売チャネルを拡充しました。

» プレスリリースを読む

2010年 - Exalead買収

コンシューマーおよび企業ユーザー向けに検索プラットフォームおよび検索ベース・アプリケーション(SBA)を提供している仏企業、Exaleadを買収しました。

» EXALEADの詳細

2010年 - Geensoft買収

革新的な組込システム開発ソリューションのトップ企業、Geensoftを買収しました。

» プレスリリースを読む

2009年 - 多様化戦略

多様化戦略では11業界を対象とし、Procter & GambleGuessITERと契約を締結しました。

» プレスリリースを読む

2008年 - Engineous Software買収

Engineous Softwareを買収し、Simulation Lifecycle Management ソリューションにおけるSIMULIAのリーダーシップを拡張しました。

» プレスリリースを読む

2008年 - Microsoft Partner of the Yearを受賞

2008 Microsoft Partner of the YearをGlobal ISV Technology Innovation Special Recognition Award部門で受賞しました。

» プレスリリースを読む

2008年 - PLM online for all

PLM 2.0のリリース - PLM online for all - および次世代のバージョン6テクノロジーをリリースしました。

» プレスリリースを読む

2007年 - IBM PLMパートナーシップ契約を改定

IBM PLMパートナーシップ契約を改定し、ダッソー・システムズがPLMバリュー・ソリューション・チャネルについて全責任を負うものとする項目を追加しました。

» プレスリリースを読む

2007年 - 3DVIAブランドを新設

3DVIAブランドを新設しました。数年間の調査と投資に基づき3DVIAをリリースし、新しいユーザーが3Dテクノロジーを利用して、3Dで想像、コミュニケーション、エクスペリエンスできるようになりました。

» 3DVIAの詳細

2007年 - ICEM買収

自動車業界におけるスタイリングと高品質のサーフェス モデリングおよびレンダリング ソリューションで知られる英国企業、ICEMを買収し、CATIAの機能をさらに拡充しました。

» プレスリリースを読む

2006年 - MatrixOne買収

中規模企業から大企業までコラボレーティブPLMソフトウェアおよびサービスを提供する世界的企業、MatrixOneを買収し、ENOVIAのポートフォリオを拡大しました。

2006年 - 7業界から11業界へ

ダッソー・システムズの対象とする業界が7から11業界に拡大しました。

2005年 - SIMULIAブランドを新設

Abaqusを買収し、SIMULIA ブランドを新設しました。リアリスティック・シミュレーションに対応するとともに、リアリスティック・シミュレーション製品およびダッソー・システムズの既存のシミュレーション製品の主軸として、ダッソー・システムズのシミュレーション機能を大幅に拡張しました。

» 詳細はこちら

2005年 - IBMとの長期販売契約

IBMとの長期販売契約による売上が、ダッソー・システムズ総収益の52%になりました。




2005年 - PLMバリュー・ソリューション販売チャネルの新設

ダッソー・システムズのPLMバリュー・ソリューション販売チャネルを新設しました。PLM市場向けのインダイレクト・チャネルで、特に、PLM市場のSMB企業のサポートに重点を置いています。

» 詳細はこちら

2005年 - Virtools買収

高度にインタラクティブな3Dコンテンツ構築のための包括的なソフトウェア開発ソリューションのトップ企業、Virtoolsを買収しました。

» 詳細はこちら

2004年 - ボーイングと戦略的パートナーシップを締結

ボーイングと戦略的パートナーシップを締結し、ボーイングおよび同社のサプライヤーが革新的な新しい787ドリームライナーの開発に使用するグローバル コラボレーション環境(GCE)仮想プラットフォームを構築しました。

» 詳細はこちら

2003年- Gehry Technologiesと戦略的パートナーシップを締結

建築業界向けのプロダクト・ライフサイクル・マネジメント(PLM)ソリューションを開発することを目的に、Gehry Technologies (GT)と戦略的パートナーシップを締結しました。

» 詳細はこちら

2003年 - 自動車業界で大口契約を獲得

自動車業界(BMWグループフォード・モーター)および航空宇宙産業(AVICENAERLiebherr)との大口契約を獲得しました。

» 詳細はこちら

2003年 - ガートナー社のPLMマジック・クアドラント調査でリーダー・カテゴリーに選出

2002年 - トヨタ自動車およびボルボ・グループとの契約を獲得

トヨタ自動車およびボルボ・グループの2つの契約を獲得しました。

2001年 - ソニーとの契約を獲得

ホーム・ネットワーク企業であり、ホーム・ビジュアル企業であるソニー株式会社との契約を獲得しました。

» 詳細はこちら


2000年 - DELMIAブランドを新設

デジタル・マニュファクチャリング・ドメイン(デジタル・プロセス・プランニング、ロボット・シミュレーション、ヒューマン・モデリング・テクノロジー)に対応する、DELMIAブランドを新設しました。

2000年 - Spatial買収

3Dソフトウェア・コンポーネントの大手開発会社、Spatialを買収しました。

2000年 - CATIA V5の導入に関するAirbus S.A.との契約を獲得




1999年 - Smarteam買収

ダッソー・システムズは、中小企業(SMB)市場向けの製品データ管理を得意とするSmarteamを買収し、ENOVIA製品ラインを拡大しました。

1999年 - Matra Datavision開発ラボを買収

Matra Datavision開発ラボを買収し、DS Provenceを設立しました。

1999 年 - バージョン5 (V5)をリリース

プロダクト・ライフサイクル・マネジメント市場向けの新しいアーキテクチャ・ソフトウェア・プラットフォーム、バージョン5 (V5)をリリースしました(Windows NT環境およびUNIX環境)。

1998年 - ドイツで Dassault Systèmes ACを設立



1998年 - ENOVIAブランドを新設

IBMのProduct Managerソフトウェアを買収し、CATIA製品データの管理を目的としたENOVIAブランドを新設しました。

1997年 - 新興企業SolidWorksを買収

Windowsネイティブ・アーキテクチャを備えた新興企業のSolidWorksの買収により、ダッソー・システムズはその3D設計製品ラインをエントリーCADへも拡張しました。ねらいとするビジネス機会は、2Dから3Dへの移行です。

1997年 - プロフェッショナル・チャネルを設置

SolidWorksのマーケティング、販売、サポートを目的に、ダッソー・システムズのプロフェッショナル・チャネルを設置しました。

1997年 -2事業部制に組織を再編

ダッソー・システムズの組織を2事業部制に再編しました。お客様のエンドツーエンドの製品開発プロセスをサポートする、プロセス中心のセグメント(プロダクト・ライフサイクル・マネジメント)、および、3D設計環境での製品設計に取り組むお客様を対象とした設計中心のセグメント(メインストリーム/Solidworks)です。

1996年 - パリとNASDAQで株式を初公開

パリとNASDAQにおいて株式を公開しました(NASDAQからは2008年に自主的に上場廃止)。


1995年 - ベルナール・シャーレスがダッソー・システムズの社長兼CEOに就任



1994年 - 対象業界を7業界に拡大

ダッソー・システムズの対象業界を7業界に拡大し、製造と組み立て、消費財、ハイテク、造船、エネルギーが加わりました。

1994年 - ダッソー・システムズ株式会社を設立

日本、東京にダッソー・システムズ株式会社(DS K.K.)を設立しました。


1993年 - バージョン4

新しいテクノロジーを採用したバージョン4 をリリースし、製品のフル・デジタル・モックアップ、物理プロトタイプ数の大幅削減、完全にバーチャルな製品の確認を実現しました。

1988年 - CATIAバージョン3をリリース

CATIAバージョン3をリリースしました。UNIXおよびメインフレームの各プラットフォームでAEC機能を備えています。

1988年 - CATIA:自動車設計における世界トップのアプリケーション


1984年 - ボーイングがCATIAを採用

 

1988年 - CATIA:航空宇宙設計における世界トップのアプリケーション

 

1984年 - CATIAバージョン2をリリース

2D機能と3D機能を統合したCATIAバージョン2をリリースしました。

1982年 - CATIAバージョン1をリリース

3D設計、サーフェス・モデリング、NCプログラミング向けのアドオン製品としてCATIAバージョン1をリリースしました。

1981年 - 大手自動車メーカーとの提携を開始

ダッソー・システムズは、大手自動車メーカーのBMWメルセデスホンダと提携しました。

1981年 - 世界規模のマーケティング、販売、サポートについてIBMと契約

世界規模のマーケティング、販売、サポートについて IBMと契約を締結し、長期的なパートナーシップを開始しました。

1981年 - CATIAをリリース

ダッソー・システムズのフラッグシップ・ブランド、CATIAをリリースしました。

1981年 - ダッソー・システムズ設立

Dassault Aviationからエンジニアが独立し、3Dで製品を設計するダッソー・システムズを設立しました。