モノづくり“日本”の産業革命 ~IoT / マスカスタマイゼーション時代の到来を迎えてNovember 6, 2015 | 東京都 | 日本

Manufacturing in the Age of Experience

モノづくり“日本”の産業革命へ
~IoT/マスカスタマイゼーション時代の到来を迎えて

ドイツが2011年から進めている「Industry 4.0」(製造業の産業革命)など、ICT(情報通信技術)やデジタル技術を駆使した、製造業の新しいプラットフォームを構築する動きが加速しています。まさに「IoT(モノのインターネット)」といわれるように、あらゆるものがネットで繋がる世界の到来が現実味をおび、製造現場においては「完全自動化」、「マスカスタマイゼーション」に代表されるような生産方法、無駄の無い最適化されたサプライチェーン活用こそが当たり前という時代が、もう目の前に来ているのです。

また、アメリカではGEが提唱する「インダストリアル・インターネット」、欧州では「デジタルの力で産業を変える」という目標を掲げるフランスが、『産業の未来』というプログラムを政府主導で開始するなど、今後、世界で同様の動きが活発化するでしょう。これらの変化に対し、世界の製造業・モノづくりをリードしてきた日本は、変化を機敏に捉え、日本流の変化を遂げるべく動き出すことが、世界に冠たる「製造業大国ニッポン」の進むべき道ではないでしょうか。

本セミナーでは、日本製造業の変化と改革へ向けた方向性や動向に加え、先進的取り組み事例の紹介を交えながら、胎動する“日本” 流の産業革命について、皆様とともに考察・検証する場にとなればと考えています。

 

  • 2015年11月6日(金)9:30~17:25(受付開始 9:00~)
    ※17:30~懇親会を行います。
  • ウェスティンホテル東京
    東京都目黒区三田1-4-1(恵比寿ガーデンプレイス内)
  • 参加料:無料
  • 参加対象者:経営者、役員、経営企画、研究開発(R&D)、生産・品質管理部門などの管理職の方々
  • 参加定員:500名(事前登録制)
  • 主催:株式会社ビジネス・フォーラム事務局
  • 特別協賛:ダッソー・システムズ株式会社
  • 協賛:三菱電機株式会社、株式会社アルゴグラフィックス、東洋ビジネスエンジニアリング株式会社、ストラタシス・ジャパン (順不同)

ダッソー・システムズは、地球環境の持続可能性を担保する技術革新を実現すベく、自然環境や人々の生活と製品の調和が保てることを事前検証するための、3Dエクスペリエンスを提供することで社会に貢献します。

Bernard Charlès ダッソー・システムズ社長兼最高経営責任者 Dassault Systèmes