Never Blind in VR

ダッソー・システムズの没入型仮想現実ラボ(iV Lab)で始められたオープン・イノベーション・プロジェクト「Never Blind in VR」では、プロの世界や特にダッソー・システムズが対象とする12業界に対して、一般向けHMD(ヘッド・マウント・ディスプレイ)の活用方法を紹介します。

このトピックでは、エクスペリエンスの効果について、最小限の情報のみ紹介しています。このような新興分野において、将来的に3DSによる新たなビジネス分野の開拓に関与する可能性があります。

ビデオ:VRHエクスペリエンスを強化する方法

没入型ユーザー・エクスペリエンス(UX)の初期の成果

Never Blind in VR」によりHMD(ヘッド・マウント・ディスプレイ)ユーザーはCAVEのメリットをすべて実現できます。しかも手ごろな価格で、セットアップも容易です。自分自身と周囲の状況を視覚的に確認し、友人と握手したり、コーヒーカップを持ったり、歩いたり、障害物をよけたりでき、最終的にはHMDの存在を忘れ、より長く装着できるようになります。

この5分間のビデオでは、市販ヘッドセットを使用するリアルタイム・3Dエクスペリエンスの構築においてさまざまな成果を共有することで、本来の目的であるFPSゲーム用途を超えることを目指しました。

課題は、こうしたエクスペリエンスでは、ユーザー自身が肉体から切り離された感覚になる傾向があり、室内の他の人や現実世界との接点を失ってしまうことです。

自動車業界や航空宇宙業界で大規模な立方体没入型ルーム(CAVE)の使用を分析した私たちは、Oculus Riftユーザーの目にリアリティの要素をもたらすエクスペリエンスを提案した結果、自分自身の体を視覚的に確認し、現実の周辺環境を認識して接触したり、室内の他の人との交流も可能にしました。

こうした成果を達成するため、ユーザーの体とその周囲の3Dポイント・クラウドを作り出す固定されたウィンドウズ用Kinectを使用しました。ポイント・クラウドの密度はそれほど高くありませんが、ヘッドセットを着けたユーザーの目から見ると、驚くほどの存在でした。

機能と利点

自分自身の体を視覚化

  • 仮想現実の存在感を強化し、実在感に欠ける不自然な感覚を排除
  • 仮想現実を適切なスケールで認識
  • 実物との接触時に視覚的フィードバックを提供

現実世界を知覚する

  • 目が見えない感覚の排除
  • 物への衝突や転倒などの危険を回避し、安全なエクスペリエンスを提供
  • 実世界の物体とのつながりを実現

人物の存在を認識する

  • 遮蔽ヘッドセットを装着することで閉所恐怖症の症状を軽減
  • 非言語コミュニケーションの実現
  • 対称的関係の効果により人物間の公平性を維持

利用価値についてのその他の成果

「コンセプト・エクスペリエンス」の紹介が行われた社内外のイベントの開催中、チームは、意見を交わした人々からたくさんの事例を集めるために、クラウド・ソーシングを行いました。この結果、プロジェクトでは耐久消費財小売りのシナリオに取り組むことになり、来訪者に自転車店に訪れた見込客の役を演じてもらい、プレゼンターはさまざまな自転車を勧める小売店主を演じました。

アワード

私たちは、3つの世界的なVRイベントに招待され、「Never Blind in VR」を紹介する機会が得られたことを誇りに思います。

IEEE VR 2015研究デモのための科学的な呼びかけ:

Laval Virtual 2015 ReVolutionコンテスト:

Siggraph 2015 Immersive Realities(AR/VR)コンテスト:

教訓と展望:オープンイノベーションの推進

私たちは、プロジェクトを初期段階からソーシャル・ネットワークやイベントで大きく公開しました。その中で、アプリケーションの構想、テクノロジーとUXの展望、プレス記事やアワードなど公開されるものが多いほど、より多くのけん引力やプラスの価値が生み出されることを学びました。これをきっかけに、私たちは研究結果をさらに公開して、こうした革新的なエクスペリエンスの採用をダッソー・システムズのお客様に呼びかけるべきだと思うようになりました。実際、ダッソー・システムズのお客様は、自社で設計、製造、販売する製品の3Dモデルを作成しているため、こうした新しいエクスペリエンスへの道は複雑ではありませんでした。

ソーシャル・ネットワークのフィードバック

面白いアイデアです。素晴らしい!この件について、我々の意見をお話しすることができるかもしれません。

Jens Dehlke氏 Audi制作ラボ - LinkedIn

「これは本当に素晴らしい。コードを公開する予定はあるのでしょうか。」

Simvirtua社 代表取締役 James Corbett氏

「検疫によって伝染を防がなければならないような深刻な状況にある人々とのふれあいを、仮想空間で実現できるとしたら最高です。愛する人を窓越しに見るよりも素晴らしい。いわゆる「bébé bulles」向けのアプリケーションなどもどうでしょう?」

Alice Desprès氏、Burgundy大学対策室

「息子のトーマスが大変気に入っています。これでマインクラフトゲームをしたがっています」

Bjarke E.Rollmann氏

新しいオープン・イニシアチブに参加しましょう

画像をクリックすると拡大します

最初のビデオとイベントが公開されてから、私たちはフリー・ソフトウェアを使用して、WebGL、WebVR、Javascriptでオリジナルコードのリライトを開始しました。この分野で、イノベーションの未来が開かれて、コラボレーションが実現するとお考えの方は、下記のフォームでご意見をお聞かせください。チームから返信を差し上げます。