コネクテッド・カーの未来

 

1960年代には宇宙家族ジェットソンが所有していました。1980年代の「ナイトライダー」の主役を務めたのは、まさに自らの意思で走る自動車でした。ハリウッド基準によると、こうした自動車は珍しいものではありません。こうした車を実際に買えるとしたらどうでしょう?

Sebastian Thrun Stanford Artificial Intelligence Lab

無人運転自動車の登場によって、路上での走行は劇的に変化します。自動車教習も同様です。
自動車業界のリーダーやテクノロジーの専門家がその様子を私たちに語ります。

Could we have zero deaths on our roads?

生身の運転手よりも、自ら考え判断するシステムを搭載した自動車には明らかな利点があります。酒に酔ってウトウトしたり、空想にふけったり、また携帯電話や車内で騒ぐ子供に気を取られたりすることもありません。運転手の過信もまた、事故の主要な要因となっています。これこそが、次世代のインテリジェント車両を開発する自動車メーカーにとっての目的の1つです。自動車メーカーは、こうした自動車によって、業界の究極の目標である「ゼロ・アクシデント、ゼロ・フェイタリティ、ゼロ・エミッション」を達成させたいと考えています。

世界では、毎年124万人もの人々が交通事故で死亡し、5000万人もの人々が負傷しています(2013年WHO)。衝突事故の原因の90%は人的ミスが占めています。路上の障害物や車線区分線のみならず、他の自動車も感知できる無人運転自動車は、人間が運転する自動車に勝る安全性を証明しつつあります。Google社がカリフォルニア州シリコンバレーで実施したプリウスの自動走行実験では、発生した事故はたったの1件で、人的ミスによるものでした。

少し話を戻します。無人自動車の仕組みはどうなっているのでしょう?このようなイノベーションはどのように設計されているのでしょう?すべてを運転手に代わって判断する自律走行車に命を預けることはどの程度安全なのでしょうか?

無人運転自動車は、GPS、カメラ、高度なスキャナーとセンサーを組み合わせて、自動車、信号、カーブ、歩行者、その他の障害物を感知します。「中央コンピューター・システムがデータを分析して、アクセル、ハンドル、ブレーキを制御します」と、ダッソー・システムズの自動車・輸送機械業界担当バイス・プレジデントOlivier Sappinは語ります。ダッソー・システムズの3Dエクスペリエンス・プラットフォームと業界向けソリューションは、無人運転自動車の設計、生産、整備を行う自動車メーカーによって採用されています。

ソフトウェアは、さまざまな不測の事態をシミュレーションすることで路上での安全を確保し、シミュレーション結果は設計および製造プロセスへと統合されます。

超高性能マッピング・システムを使って周辺情報を感知するだけでなく、未来の自動車は他の自動車と交信できるため、より多くの自動車の路上走行を可能にします。コネクテッド車両の特徴は、目の前に迫った衝突、凍結した路面、危険なカーブなど、潜在的な危険性を運転手に警告する安全警告機能です。

専門家は、テクノロジーの遅れではなく、事故の際に誰が責任を負うのかという法的な問題と、都市計画や車載コンピューター・システムのセキュリティなどの運用上の問題が実用化を妨げていると指摘しています。そうした問題を解決し、自動車メーカーが最新のソフトウェア・ツールを使って潜在的な問題を解決していれば、路上での安全を確保できる日まで、それほど時間はかからないでしょう。

So what will the car of the future look like?

The thrill of
the open road

自動化された自動車は、乗員に新たな自由の感覚を与えてくれます。運転に対する責任から解放され、深々とシートに座り、ドライブを楽しむ自由です。

Olivier Sappin ダッソー・システムズ

自動車は常に自由と結びついてきましたが、自律走行車で移動すると、運転中のスリルは取り除かれてしまうのでしょうか?

「そうではありません」と、自動車メーカーと共に未来の自動車の開発に携わったダッソー・システムズのOlivier Sappinは語ります。「プロトタイプの無人運転自動車に試乗した人々は、道路に注意を払わなくてよいという体験にすぐに慣れたと報告しています。乗員は安心して、携帯端末やタブレットを操作したり、他の乗員と話したり、くつろいだり、仕事をすることもできました」。

他の業界の専門家も次のように同意しています。「仕事に行くための手段として自動車を必要とする人もいます。都市は巨大化し交通渋滞がますます悪化するなか、彼らにとっては自動運転車が解消する手段なのです」と、FordリサーチセンターのPim van der Jagt氏は述べています。

運転を楽しみたい人は、従来の方法で通勤することも可能です。「自分で運転したいと望むお客様もいます」と、Audiの広報担当者は語ります。「彼らは自動車の価値や快適さ、スポーツ性を好んでいます」

しかし、こうした考え方は、かつての馬と馬車の関係を思い出させます。新たな可能性は、より魅力的で、より便利で、より安全な存在へとなるのです。

Connected profits

英国経済に対するコネクテッド・カーの影響

英国経済に対するコネクテッド・カーの影響

自動車製造販売協会(SMMT)によると、コネクテッド・カーの路上テストに関しては、米国や英国などの国がリードしています。2030年までに、コネクテッド・カーは英国経済に500億ポンドの経済効果をもたらすでしょう。

Copyrights
これらのビデオ/記事/インフォグラフィックは、
ダッソー・システムズと提携したCNBC Creative Solutionsによって作成されました。