持続可能な都市を思い描く

未来の都市をつくるイノベーション

世界的に人口が増加しているなか、多くの人が暮らしている都市は、何十年あるいは何世紀も前の古いもので、はるかに少ない人口とまったく異なったニーズを想定して建設されました。土地、水、エネルギーなどの資源を浪費することで、私たちの環境はリスクにさらされ、都市はロジスティクス面でますます経営が困難になっています。

こうした問題の解決には、さまざまな専門分野の関わりが必要になってきています。一連のデジタル・ツールの支援により、科学者や都市計画プランナーは、これから築こうとしている未来と、居住者や地球全体へ及ぼす影響に関する予測や調査が可能になります。

こうしたアプローチは、最終的な構造だけでなく、建物が地球上の資源に及ぼす影響にも焦点を当てることによって、建築に関わるすべての分野にわたって見直すことにつながります。

ダッソー・システムズのGEOVIA 3DEXPERIENCityプロジェクトは、都市計画プランナーがアイデアをデジタル化して研究、テストし、都市化が都市の見えざる境界内に及ぼす影響と、地球全体とその資源に及ぼす影響の両方を考慮できる、総括的なバーチャル・モデルを作成することを目的としています。各アセットをクリックすると詳細が表示されます。

ビデオ:未来の都市をつくるイノベーション

記事:レスポンシブな都市

都市のラッシュアワー。人々は、一日の仕事を終え、家路につきます。無人自動車が、専用レーンを走る自転車の横を通りすぎていきます。一般自動車や気まぐれな歩行者の危険はありません。都市が夕闇に包まると、屋内のセンサーは室内の温度を調整し、照明を点灯します。テレビやラジオ、風呂さえも、アームチェアからのジェスチャーで操作されます。

屋外では、センサーが大気中の刺激物質をモニタリングし、危険なレベルに達した際に警告を発するようになっています。都市のゴミ収集を管理するコンピューターは、悪臭のするビンや中身の入ったビンのデータを受信します。交通システムは絶えずチェックと調整を行い、渋滞や事故はもはや過去のものとなっています。市民が知らないうちに都市のすべての機能が最適化され、生活はシンプルかつ効率的になります。

» 記事を読む:「レスポンシブな都市」(PDF)

輸送や廃棄物管理のようなー人とシステムのつながりやパターンを分析すれば、非常に効率的で持続可能でありながら、ロバストな都市の開発が可能になりますーしかし、新たな観点が必要です。

Ingeborg Rocker GEOVIA 3DEXPERIENCityバイス・プレジデント

ブログ:未来の都市

世界保険機構は、2050年までには、全人口の70%に相当する64億人が都市で暮らすことになると予想しています。その多くの人が暮らすことになる都市は、何十年あるいは何世紀も前の古いもので、はるかに少ない人口とまったく異なったニーズを想定して建設されました。こうした新しいメトロポリスが成長するにつれて、都市のスプロール化、非効率性、土地・水・エネルギーなどの貴重な資源の浪費というリスクにさらされ、ロジスティクス面で都市経営が困難になります。

» ブログ記事を読む

インフォグラフィック:3Dモデルは未来の都市への鍵となり得るか?

 

 

注記:ビデオ、インフォグラフィックならびに掲載されている記事は、2014年6月27日から2014年9月5日にかけてbbc.comの広告特集として公開されたもので、BBC Advertising Commercial Productionチームがダッソー・システムズと連携して作成しました。