生きた心臓を探る

3Dモデルがヒューマン・ヘルスの未来にもたらす革命

ダッソー・システムズでは、生命を救うために新しいフロンティアを開く医学を支援するテクノロジーを模索しています。

心臓病は、世界で単独1位の死因とされています。ここ数十年間における研究と医療技術の大きな進歩によって、私たちは、病気の原因をより深く理解し、予防や治療方法を特定できるようになりました。しかし、現実には一人一人の身体構造に違いがあり、治療に対する反応もそれぞれ異なります。

コンピューターによる3Dモデルを利用して個々の心臓を詳しく調べて、パーソナライズ化された治療法を医療従事者に提案できるとしたらどうでしょう?

ビデオ:未来の心臓

記事:人の心臓の作り方

テクノロジーにより、研究者は人体組織をリアル3Dに再現でき、それが生体物理へのより深い理解と研究における制約の排除につながります。3Dモデルを使用することで、患者への影響を心配することなく、治療の選択肢を仮想空間で検証することができます。テクノロジーが導く先には限界はなく、人体の謎の解明に貢献しています。

» 記事を読む「人の心臓の作り方」(PDF)

私たちが今目にしているもの、つまり心臓や心臓の内側を再現した3Dビューが実現するとは思っていませんでした。今まで救えなかった患者を救う技術が今や実現するかもしれません。それはとても感動的なことです。

Scott Berkey SIMULIA CEO

ブログ:人の心臓の作り方

アメリカでは、34秒に1人が心臓発作を起こしています。ステント、移植、血管形成、バイパス手術、投薬、患者ケアの改善などによって、心臓疾患による死亡率は大幅に減少していますが、依然、死亡原因の第一位を占めています。世界保健機関(WHO)は、2013年に、世界中で1,780万人、つまり3人に1人がこの病気で死亡したと発表しました。しかし、いつか医者が心臓特有の電気刺激、筋肉組織の収縮、潜在異常を再現できる精巧なレプリカで患者の心臓をシミュレーションできるようになったらどうでしょうか?

» ブログ記事を読む

インフォグラフィックス:3D心臓モデル – 心臓病に終止符を打つ?

注記:ビデオ、インフォグラフィックならびに掲載されている記事は、2014年6月27日から2014年9月5日にかけてbbc.comの広告特集として公開されたもので、BBC Advertising Commercial Productionチームがダッソー・システムズと連携して作成しました。