医療機器・医薬品のリアリスティック・シミュレーション

メーカーおよびサプライヤーは、SIMULIAのリアリスティック・シミュレーション・ソリューションを使用して、設計上の選択肢の評価、プロジェクトの共同作業、より効率的なデザイン解析のためのコンピューティング・リソースの活用を行っています。

医療機器・医薬品

これまで、医療機器・医薬品におけるシミュレーションは、より歴史の長い自動車や航空宇宙のようなエンジニアリング業界におけるシミュレーションと比較して、それほど大きな役割を担うことはありませんでした。 その理由としては、医療機器・医薬品業界は数少ない選ばれた革新者が原動力になっており、これらの発明者が創り出した製品を大きな企業が販売している実情があるからです。 また、人体系とその相互作用のシミュレーションは、金属製部品のシミュレーションよりも遥かに難しく、進化が遅かった点も挙げられます。 ヒト組織の反応は複雑で、単純化したモデルでは簡単にシミュレーションできません。 複合体インプラントのように、医療機器の材料モデリングもまた困難です。 さらに、組織と機器の両方にかかる負荷もよく理解されていません。 SIMULIAの製品群には、人体、医療機器、 外科手術装置、、そして医療機器の使用時をシミュレーション幅広い材料、手順、荷重の種類があります。 Abaqusは、植え込みデバイス(ステント、人工心臓弁、歯科インプラント)、 整形外科的 (人工膝関節、人工股関節)、頭部への衝撃による損傷、 組織モデリング、足のバイオメカニクス、脚部の動き、血流モニタリング用の小型デバイスなど、様々なアプリケーションのシミュレーションに使用されてきました。 Abaqusの結果は、米国食品医薬局(FDA)が必要とするPMA および510-Kサブミッションで使用され、欧州でCEマーク認証を取得するためにも使用されています。 さらに、SIMULIAは弊社フィールド・コンサルティング・オフィスを通じて、医療機器シミュレーションの多大な経験を持っています。 弊社オフィスは、医療機器のシミュレーションを開始するお客様を支援し、医療製品を設計する組織内でのAbaqus製品の実装をサポートします。