航空宇宙&防衛産業向けのリアリスティック・シミュレーション

メーカーおよびサプライヤーは、SIMULIAのリアリスティック・シミュレーションによるソリューションを使用して、デザイン上の評価、プロジェクトの共同作業、より効率的なデザイン解析のためのコンピューティング・リソースの活用を行っています。

航空宇宙・防衛

ガス価格や原材料価格の上昇にも関わらず、航空&防衛産業は成長を続けています。 この数年間、業界は大規模な統合を繰り返し、競争力を維持する方法を見つけなければならないというプレッシャーに晒されてきました。 サプライヤーを含むこの業界全体が、グローバルに活動し、プロセスを改良し、現行システムを活用することで、商品化までのスピードを速め、コストを削減し、品質を向上する方法を見つける必要に迫られています。 航空機の開発プロセスは、積載量、重量、強度、効率性、信頼性、安全性への各要件の微妙なバランスの上に成り立っています。 現代の航空機は、気圧、温度、構造荷重の変化など、過酷な運転条件と戦っています。 こうした航空機には、複雑な多機能サブシステムが組み込まれ、それらすべてが安全に動作することを求められます。 技術面での不確実性が未確認のまま残されることはありえません。 リアルスティック・シミュレーションを効果的に利用することは、こうしたプロセスの重要な要素です。 航空宇宙&防衛関連のメーカーおよびサプライヤーは、SIMULIAの統合的な開発環境の一部として使用して、デザインの評価、プロジェクトの共同作業、より効率的な解析のためのコンピューティング・リソースの活用を行っています。

ソリューションでできること

非線形内部荷重モデルの採用は、業界全体の耐荷重性部品のFEA対応ストレス解析への移行の第一歩に過ぎません。

Frank Smith, (Boeing Rotorcraft、Lead Stress Engineer,)