fe-safe

有限要素モデル向けの耐久性解析ソフトウェア

fe-safe

fe-safe は、有限要素モデル向け疲労解析の世界では代表的なソフトウェアであり、ユーザーの最も要求の厳しい用途に応えます。 すべての代表的な有限要素解析製品群とのダイレクト・インターフェイスを備え、世界中の自動車・輸送機械、航空宇宙・防衛、製造、発電、海洋・船舶業界のトップ企業が、疲労寿命を判断し、設計を最適化するために採用しています。 fe-safeは、その精度、スピード、使いやすさで高い評価を受けています。

fe-safe は、1990年代初頭以来、各業界との協力によって継続的に開発され、疲労解析ソフトウェアのスタンダードであり続けてきました。 これは現在の多軸ひずみベースの疲労手法に焦点を当てた最初の市販ソフトウェアであり、非金属材料向けの機能を最初に統合しました。 fe-safeは、金属および複合材料、エラストマー、熱機械およびクリープ疲労を解析し、Verity®の構造応力手法または溶接ジョイントの疲労解析(この手法を統合した唯一の市販ソフトウェア)を採用しています。

設計プロセスにfe-safeを統合することで、お客様は次のことが可能になります。

  • 疲労ホットスポットを正確に見つける
  • 使用する材料が少なくなるように設計を最適化する
  • 製品リコールと補償費用を減らす
  • 設計およびテスト・プログラムを検証する
  • 単一ユーザー・インターフェイス内でテストと解析の相関関係を改善する
  • プロトタイプ・テスト時間を短縮し、解析時間をスピードアップして、工数を減らす
  • 製品設計が「適切な速さ」でテスト・スケジュールに沿って進行するよう信頼度を高める

技術資料

Safe Technologyは、疲労理論、解析、fe-safeに関するトレーニング・コース、セミナーを提供します。

追加情報

他の製品および機能の詳細情報を見るには、 ここ をクリック。

*fe-safeは、ISO認証の対象外です。