SIMULIA V6R2013x

リアリスティック・シミュレーションとシミュレーション・ライフサイクル・マネージメント・ソリューションで、製品の品質と性能を改善

最新リリースが発表されました

SIMULIA V6R2013x

V6R2013x リリースでは、SIMULIA DesignSight 製品群、ExSight 製品群、シミュレーション・ライフサイクル・マネージメント(SLM)製品群、CATIA V6 Analysis 製品群に新機能が追加されました。

シミュレーションを設計プロセスの早期段階で実施することにより、生産性、品質、製品性能が改善されます。設計向け製品ではあらゆるユーザーのニーズに対応するため、有限要素解析(FEA)を活用した2種類の製品を提供しています。CATIA V6 AnalysisからFEA機能を利用する事や、ロバストなAbaqus FEA技術を統合した使い易いDesignSight をご利用いただけます。SLMは、設計チームや意思決定に携わる方々が企業独自のシミュレーションのベストプラクティスを社内全体で蓄積、展開、強化し、協調的な意思決定をするサポートをします。


製品の機能強化

SIMULIA ExSight
ExSight V6R2013x に新しいモデリング機能が追加されました。

  • 新しいモデリング、可視化機能
  • 梁要素に対応し、ユーザーが独自の梁プロファイルを定義可能
  • 連続体シェルにより、複合材構造のモデリングの簡素化および改善
  • パワートレイン解析向けにガスケットを導入
  • 音・振動、座屈、不安定な構造物解析などによく用いられるモデルベースの線形動解析を含む、新たな手法を追加
  • 周辺のアセンブリを一連のシミュレーション結果として表示するなど、リモートコンピューターを活用したシミュレーション結果の可視化の高速化

ExSight 製品群の詳細をご覧ください。: Multiphysics Extended PackMultiphysics Pack.


SIMULIA DesignSight
V6R2013x では、シミュレーション結果の可視化、使いやすさ、レポート作成を改善しました。

  • DesignSight の新たな機能として、使いやすいユーザー・インターフェースを用いた、熱と構造物との相互作用のリアリステック・シミュレーションを提供します。これにより、アセンブリ内の各パーツが互いにどのような影響を与え合うかが理解できます。
  • 遠心力、対流荷重(温度の異なる別のパートと接触した際に発生する熱応力)、XYZの各軸に沿う拘束や各軸の周りの拘束を含む、新たな荷重や拘束が追加されました。

DesignSight 製品群の詳細をご覧ください。: DesignSight StructureDesignSight Structure PlusDesignSight Thermal


SIMULIA シミュレーション・ライフサイクル・マネージメント(SLM)
V6R2013x では、データ保持およびコラボレーティブ作業環境が改善されました。

  • シミュレーションと社内のその他のソリューションとの統合をさらに進めることにより、製品開発プロセスを合理化
  • ENOVIA エンジニアリング・セントラル、ENOVIA デザイナー・セントラル、ENOVIA リクワイアメント・セントラルのサポートを改善し、さらにシームレスな製品開発プロセスを実現。たとえば、リクワイア・セントラルで定義されたバリューをシミュレーション・ワークフローで直接使用可能。
  • シミュレーションに関した分類に基づいた、シミュレーション・データ読み出し用の専用検索ツールをすべてのV6ユーザーが使用可能。これにより、誰もが必要なシミュレーション・データを見つけることが可能
  • 配列(多値)属性への対応、シミュレーション実行上のコミュニケーションの改善、管理者向けのフレキシブルなシミュレーション・ジョブログ設定など、上級ユーザーにも新たな機能を引き続き提供

SLM 製品群についての詳細をご覧ください。: Live Simulation ReviewModel EditorScenario Definition