Abaqus Unified FEA (統合有限要素解析)

リアリステック・シミュレーションのための完全ソリューション

Abaqus アドオン

アドオンツール

アソシアティブインタフェースを使用することによって、ジオメトリを CAD システムから Abaqus/CAE に転送できます。Abaqus の強力なアドオンプロダクトを利用することで、選択されているコンポーネントまたはアセンブリ全体を CAD システムから Abaqus/CAE にマウスクリック 1 回で転送することが可能です。サポートされている CAD システムでモデルを変更し、アソシアティブインポートを使用して、モデルに割り当てられている解析フィーチャを失うことなく Abaqus/CAE でモデルを迅速に更新することができます。アプリケーション間の接続は、該当する CAD システム用のプラグインによって提供され、Abaqus/CAE の CAD 接続ツールセットによって確立されます。

CATIA V5 Associative Interface

CATIA V5 アソシアティブインタフェースでは、アソシアティブインポートを使用して CATIA V5 のパートおよびプロダクトを Abaqus/CAE に転送できます。CATIA V5 モデルに割り当てられている材料およびパブリケーションも、それぞれ材料および集合定義として Abaqus/CAE モデルに転送されます。アソシアティブインポートに加えて、CATIA V5 アソシアティブインタフェースでは、.CATPart および .CATProduct 形式の CATIA V5 モデルのジオメトリを Abaqus/CAE に直接インポートできます。

CATIA V5 アソシアティブインタフェースでは、以下のインポート手法を利用可能です。

  • 自動アソシアティブインポートは、CATIA V5 と Abaqus/CAE の両プログラムを同一コンピュータ上で同時に実行させた状態で、CATIA V5 セッションから Abaqus/CAE セッションにモデルを迅速に転送することができる強力なツールです。モデルを転送した後は、引き続き CATIA V5 で設計を変更し、マウスクリック 1 回で変更内容を Abaqus/CAE に継承させることが可能です。パーティション、荷重、境界条件、集合、サーフェスなど、Abaqus/CAE で作成したすべてのフィーチャは、変更済みのモデルを CATIA V5 から Abaqus/CAE にインポートするたびに再構築されます。
  • CATIA V5 アソシアティブインタフェースでは、穴径や押し出し長さなど、CATIA ジオメトリフィーチャを定義するパラメータを Abaqus/CAE の中から変更することも可能です。更新されたパラメータは、CATIA モデルと Abaqus/CAE モデルの両方に継承されます。
  • CATIA V5 と Abaqus/CAE が同一コンピュータ上で同時に実行されていない場合、あるいは別々のコンピュータ上で実行されている場合、手動アソシアティブインポートを使用できます。CATIA V5 アソシアティブインタフェース・プラグインを使用することで、アセンブリファイル(.eaf)を指定した場所に保存できます。モデルを Abaqus/CAE にインポートすることも、アセンブリファイルを使用して Abaqus/CAE 内の既存モデルを後で更新することも可能です。さらに、手動アソシアティブインポートは、Windows プラットフォーム間でのアソシアティブインポートを実行するためにも使用できます(例:32 ビット Windows マシン上で実行中の CATIA V5 から 64 ビット Windows マシン上で実行中の Abaqus/CAE へ)。
  • 直接インポートは、CATIA V5 アソシアティブインタフェース・プラグインを使用する必要がない非アソシアティブインポートです。標準の CATIA V5 パートまたはプロダクトファイルとして保存されたモデルのジオメトリは、Abaqus/CAE に直接インポートすることが可能です。Abaqus/CAE の既存モデルを更新するためには直接インポートを使用できませんが、モデルのジオメトリを 32 ビットと 64 ビットの Windows プラット-フォーム間で転送するためには直接インポートを使用できます。アソシアティブインポートと直接インポートを切り替えることができるため、CATIA V5 から Abaqus/CAE へのモデル転送に使用する手法について、企業内またはサプライチェーン間での柔軟性が提供されます。

CATIA V5 アソシアティブインタフェースは、Abaqus/CAE 6.8 以降を必要とし、CATIA V5 R18、R19、R20 および R21 とV5-6R2012に互換性があります。

CATIA V5 Associative Interface: Compatibility Matrix

The CATIA V5 Associative Interface requires Abaqus/CAE 6.8 or higher. Use the matrix below to identify compatibility between releases of Abaqus and releases of the CATIA V5 Associative Interface. Cells containing checkmarks indicate compatible releases.

DSx.Client Care & Order: Abaqus Release

6.9 through 6.13

6.9 through 6.13

6.11 through 6.13

6.11-AP through 6.13

6.12-AP* through 6.13

Compatibility Matrix

 

CATIA V5 Associative Interface

 

V5R18

V5R19

V5R20

V5R21

V5-6R2012

Abaqus/CAE

6.13

 

 

6.12-3

 

 

 

 

 

6.12

 

 

 

6.11-3

 

 

 

 

 

6.11

 

 

 

 

 

6.10-EF

 

 

 

 

6.10

 

 

 

 

 

6.9-EF

 

 

 

 

6.9

 

 

 

 

*Beginning with 6.12-AP, the CATIA V5 Associative Interfaces are delivered on a single Abaqus Ancillary Products media.

Pro/ENGINEER Associative Interface

Pro/ENGINEER アソシアティブインタフェースでは、アソシアティブインポートを使用してパートおよびアセンブリを Pro/ENGINEER から Abaqus/CAE に転送できます。アソシアティブインポートに加えて、Pro/ENGINEER アソシアティブインタフェースには、Pro/ENGINEER パートおよびアセンブリを Elysium Neutral(.enf_abq)ファイル形式で書き出す直接トランスレータも含まれています。Elysium Neutral ファイルはその後、Abaqus/CAE にインポートできます。

Pro/ENGINEER アソシアティブインタフェースでは、穴径や押し出し長さなど、Pro/ENGINEER ジオメトリフィーチャを定義するパラメータを Abaqus/CAE の中から変更することも可能です。更新されたパラメータは、Pro/ENGINEER モデルと Abaqus/CAE モデルの両方に継承されます。

Pro/ENGINEER アソシアティブインタフェースでは、以下のインポート手法を利用可能です。

  • 自動アソシアティブインポートは、Pro/ENGINEER と Abaqus/CAE の両プログラムを同一コンピュータ上で同時に実行させた状態で、Pro/ENGINEER セッションから Abaqus/CAE セッションにモデルを迅速に転送することができる強力なツールです。モデルを転送した後は、引き続き Pro/ENGINEER で設計を変更し、マウスクリック 1 回で変更内容を Abaqus/CAE に継承させることが可能です。パーティション、荷重、境界条件、集合、サーフェスなど、Abaqus/CAE で作成したすべてのフィーチャは、変更済みのモデルを Pro/ENGINEER から Abaqus/CAE にインポートするたびに再構築されます。

  • Pro/ENGINEER アソシアティブインタフェースでは、穴径や押し出し長さなど、Pro/ENGINEER ジオメトリフィーチャを定義するパラメータを Abaqus/CAE の中から変更することも可能です。更新されたパラメータは、Pro/ENGINEER モデルと Abaqus/CAE モデルの両方に継承されます。
  • Pro/ENGINEER と Abaqus/CAE が同一コンピュータ上で同時に実行されていない場合、あるいは別々のコンピュータ上で実行されている場合、手動アソシアティブインポートを使用できます。Pro/ENGINEER アソシアティブインタフェース・プラグインを使用することで、Elysium Neutral ファイル(.enf_abq)と Elysium Neutral Assembly ファイル(.eaf)を指定した場所に保存できます。モデルを Abaqus/CAE にインポートすることも、アセンブリファイルを使用して Abaqus/CAE 内の既存モデルを後で更新することも可能です。さらに、手動アソシアティブインポートは、プラットフォーム間でのアソシアティブインポートを実行するためにも使用できます(例:Windows マシン上で実行中の Pro/ENGINEER から Linux 上で実行中の Abaqus/CAE へ)。
  • 直接トランスレータによって、1 つのファイルのみを使用して Pro/ENGINEER ジオメトリの Abaqus/CAE への非アソシアティブインポートを実行することができます。Pro/ENGINEER アソシアティブインタフェース・プラグインを使用することで、Elysium Neutral ファイル(.enf_abq)を指定した場所に保存できます。モデルジオメトリは、Elysium Neutral ファイルを使用して、後で Abaqus/CAE にインポートすることが可能です。Abaqus/CAE の既存モデルを更新するためには直接トランスレータを使用できませんが、モデルのジオメトリをプラット-フォーム間で転送するためには直接インポートを使用できます。アソシアティブインポートと直接インポートを切り替えることができるため、Pro/ENGINEER から Abaqus/CAE へのモデル転送に使用する手法について、企業内またはサプライチェーン間での柔軟性が提供されます。

Pro/ENGINEER アソシアティブインタフェースは、Abaqus/CAE 6.8 以降を必要とします。

Pro/ENGINEER: Compatibility Matrix

The Pro/ENGINEER Associative Interface requires Abaqus/CAE 6.8 or higher. Use the matrix below to identify compatibility between releases of Abaqus/CAE and releases of the Pro/ENGINEER Associative Interface. Cells containing checkmarks indicate compatible releases.

DSx.Client Care & Order: Abaqus Release

6.9  through 6.9-EF

6.10-EF through 6.12

6.12

6.12-AP* through 6.13

Compatibility Matrix

 

Pro/ENGINEER Associative Interface Release

 

20090510

20100521

20111219

20120629

Abaqus/CAE

6.13

 

 

 

6.12-3

 

 

 

6.12

 

 

 

6.11-3

 

 

 

6.11

 

 

 

 

6.10-EF

 

 

 

6.10

 

 

 

6.9-EF

 

 

 

6.9

 

 

 

SolidWorks Associative Interface
SolidWorks アソシアティブインタフェースのデモを再生するには、画像をクリックしてください。

SolidWorks アソシアティブインタフェースでは、パートおよびアセンブリを SolidWorks から Abaqus/CAE へ簡単に転送できます。その後、SolidWorks の中でモデルを変更し、Abaqus/CAE でモデルに割り当てられている解析フィーチャを失うことなく、変更内容を Abaqus/CAE に継承させることが可能です。SolidWorks アソシアティブインタフェースは、Abaqus で実行した解析の結果に基づいて、SolidWorks でモデルの設計を繰り返す場合に有用です。


SolidWorks アソシアティブインタフェースでは、以下のインポート手法を利用可能です。

  • 自動アソシアティブインポートは、SolidWorks と Abaqus/CAE の両プログラムを同一コンピュータ上で同時に実行させた状態で、SolidWorks セッションから Abaqus/CAE セッションにモデルを迅速に転送することができる強力なツールです。モデルを転送した後は、引き続き SolidWorks で設計を変更し、マウスクリック 1 回で変更内容を Abaqus/CAE に継承させることが可能です。パーティション、荷重、境界条件、集合、サーフェスなど、Abaqus/CAE で作成したすべてのフィーチャは、変更済みのモデルを SolidWorks から Abaqus/CAE にインポートするたびに再構築されます。
  • SolidWorks と Abaqus/CAE が同一コンピュータ上で同時に実行されていない場合、あるいは別々のコンピュータ上で実行されている場合は、手動アソシアティブインポートを使用します。SolidWorks アソシアティブインタフェース・プラグインを使用すると、指定した場所に保存できます。モデルを Abaqus/CAE にインポートすることも、アセンブリファイルを使用して Abaqus/CAE 内の既存モデルを後で更新することも可能です。さらに、手動アソシアティブインポートは、プラットフォーム間でのアソシアティブインポートを実行するためにも使用できます(例:Windows マシン上で実行中の SolidWorks から Linux 上で実行中の Abaqus/CAE へ)。

SolidWorks アソシアティブインタフェースは、Abaqus/CAE 6.8(Extended Functionality リリース)以降を必要とし、SolidWorks 2009 SP1 以降と互換性があります。

SolidWorks アソシアティブインタフェースのデモをご覧ください。

Abaqus 用の SolidWorks アソシアティブインタフェースを利用することで、パートおよびアセンブリを SolidWorks から Abaqus/CAE に簡単に転送できます。その後、SolidWorks の中でモデルを変更し、Abaqus/CAE でモデルに割り当てられている解析フィーチャを失うことなく、変更内容を Abaqus/CAE に継承させることが可能です。

SolidWorks: Compatibility Matrix

The SolidWorks Associative Interface requires Abaqus/CAE 6.8-EF or higher. Use the matrix below to identify compatibility between releases of Abaqus and releases of the SoldWorks Associative Interface. Cells containing checkmarks indicate compatible releases.

DSx.Client Care & Order: Abaqus Release

6.9 through 6.10

6.10-EF through 6.11

6.11-AP* through 6.13

Compatibility Matrix

 

SolidWorks Associative Interface Release

 

1.4

1.5

1.6

Abaqus Release

6.13

 

 

6.12-3

 

 

6.12

 

 

6.11-3

 

 

6.11

 

 

6.10-EF

 

 

6.10

 

 

6.9-EF

 

 

6.9

 

 

*Beginning with Abaqus 6.12-AP, the SolidWorks Associative Interface is delivered on a single Abaqus Ancillary Products media.

Technical Resources

プラットフォーム

自動アソシアティブインポートは、CAD システムと Abaqus/CAE が両方とも Windows プラットフォーム上で実行されている場合にのみ使用できます。次の表にまとめられているように、その他の機能はアソシアティブインタフェース・プラグインをサポートするすべてのプラットフォーム上で使用可能です。

プラットフォーム

CATIA V51
R18-21,V5-6R2012

Pro/ENGINEER
Wildfire 4 & 5

SolidWorks2
2009, 2010, 2011 & 2012

Windows/x86-32

Windows/x86-64

Linux/x86-32

使用不可

直接トランスレータコンポーネントのみ

-

Linux/x86-64

使用不可

直接トランスレータリーダーコンポーネントのみ

-


1
CATIA V5 R13~R21 のファイルを読み込むことが可能な Abaqus/CAE の CATIA V5 直接インポート機能を含みます。
2 SolidWorks は Linux プラットフォーム上では使用できません。手動アソシアティブインポート法は、Abaqus/CAE が Linux プラットフォーム上で実行されている場合に使用可能です。

CATIA V5 アソシアティブインタフェースのライセンスおよびインストール

CATIA V5 アソシアティブインタフェース・プラグインを実行するためのライセンスは必要ありませんが、CATIA V5 を実行するための適切なライセンスが必要になります。Abaqus/CAE では、プラグインによって生成されたアセンブリファイル、さらに .CatPart および .CatProduct ファイルをインポートするためのライセンスが必要です。詳細については、Abaqus ローカルオフィスまでお問い合わせください。

次の表の各リンクをクリックして、必要な CATIA リリース用の CATIA V5 アソシアティブインタフェース・プラグインをダウンロードしてください。インストール手順の詳細については、PDF 形式でダウンロード可能な User's ガイドを参照してください。

CATIA V5 アソシアティブインタフェース

CATIA V5R18

「CATIA V5、SolidWorks、Pro/ENGINEER および NX 用 Abaqus/CAE アソシアティブインタフェースのインストールファイル、ユーザガイド、およびステータスレポートの入手方法」を参照

CATIA V5R19

CATIA V5R20

CATIA V5R21

CATIA V5-6R2012

User's ガイド

Pro/ENGINEER アソシアティブインタフェースのライセンスおよびインストール

Pro/ENGINEER アソシアティブインタフェース・プラグインを実行するためのライセンスは必要ありませんが、Pro/ENGINEER を実行するための適切なライセンスが必要になります。Abaqus/CAE では、プラグインによって生成されたアセンブリファイル、さらに Elysium Neutral ファイルをインポートするためのライセンスが必要です。詳細については、Abaqus ローカルオフィスまでお問い合わせください。


次の表の各リンクをクリックして、必要なプラットフォーム用の Pro/ENGINEER アソシアティブインタフェース・プラグインをダウンロードしてください。インストール手順の詳細については、PDF 形式でダウンロード可能な User's ガイドを参照してください。

Pro/ENGINEER アソシアティブインタフェース

Wildfire 4

「CATIA V5、SolidWorks、Pro/ENGINEER および NX 用 Abaqus/CAE アソシアティブインタフェースのインストールファイル、ユーザガイド、およびステータスレポートの入手方法」を参照

Wildfire 5

User's ガイド

SolidWorks アソシアティブインタフェースのライセンスおよびインストール

SolidWorks アソシアティブインタフェース・プラグインを実行するためのライセンスは必要ありませんが、SolidWorks を実行するための適切なライセンスが必要になります。Abaqus/CAE では、プラグインによって生成されたアセンブリファイルをインポートするためのライセンスが必要です。詳細については、SIMULIA ローカルオフィスまでお問い合わせください。

次の表の各リンクをクリックして、必要なプラットフォーム用の SolidWorks アソシアティブインタフェース・プラグインをダウンロードしてください。インストール手順の詳細については、PDF 形式でダウンロード可能な User's ガイドを参照してください。

Solidworks アソシアティブインタフェース

SolidWorks 2009

「CATIA V5、SolidWorks、Pro/ENGINEER および NX 用 Abaqus/CAE アソシアティブインタフェースのインストールファイル、ユーザガイド、およびステータスレポートの入手方法」を参照

SolidWorks 2010

SolidWorks 2011

SolidWorks 2012

User's ガイド