GEOVIA Hub™

インパクトが高く、オーバヘッドの低いデータ管理ソリューション

GEOVIA Hub™は、低帯域幅接続において探査、計画、生産の各種データを体系化および集約し、共有を可能にするセキュアなリモート・コラボレーション機能を提供します。Hubは、鉱山の専門家同士が世界のどこからでも協業できるようにすることで、作業現場へ足を運ぶ回数を減らし、スタッフ不足対策を強化します。

使用方法の習得が容易であり、またスピーディなインストールが可能なHubは、データ・セキュリティ、バージョン管理、大容量ファイルを迅速に同期する機能をはじめとする各種メリットを即座に提供します。洗練された技術であるにもかかわらず最小限のITサポートしか必要としないHubは、企業に拡張性を保証し、情報の一元管理によるユーザー間の効果的な協業を実現します。

メリット:

  • データを集約することで、世界中のどこからでも鉱山の専門家同士が効率的な情報共有や協業を行うのを実現。
  • 断続的な低帯域幅通信インフラにおいても、探査、計画、生産データのために最適化されたデータ管理機能が、リソース・モデルをはじめとする大規模データセットの受け渡しを促進。
  • データを効果的に集約・体系化することで、バージョン管理、セキュリティ、権限管理による情報の一元化およびデータの完全性を確保。
  • データ管理はファイル形式に依存しないため、情報の生成に使用されたアプリケーションを問わず、重要なプロジェクト情報について、ユーザーによるコントロールを実現。
  • システム設定と管理に要するのは最小限のIT知識と作業であるため、トレーニングやサポートの要件を大幅に軽減でき、ROIを迅速に達成可能。