デジタル・アセット

EXALEAD OnePart Reduce

EXALEAD OnePart Reduceでは、従来の作業にはない新しい方法を採用しています。既存パーツの分類と重複に焦点を当てることで、レガシー・パーツの削減、システムの簡略化、在庫に伴う不必要なコストの削減を実現します。

  • 分類:品質管理エンジニアやメソッド・エンジニアは、レガシー環境全体から独自のパーツ・カテゴリを構築することができます。このカテゴリ化は、パーツ・ファミリーとサブファミリーで構成されます。単一の代表的なパーツを用いることで、ファミリー内のすべての類似パーツに情報を伝播することが可能です。このため、すべてのパーツはファミリー名を継承します。ファミリー別のパーツ分類によって、OnePartを使用したパーツ検索が効率よく実行できます。
  • 重複:ファミリー内のすべてのパーツが分類されると、特定のパーツにマスター、代替、廃止のいずれかのタグ付けができます。その作業結果は、OnePartと3Dエクスペリエンス・プラットフォームに一括して伝播され、PDMシステムやERPシステムに簡単に送ることができます。

主要な機能とメリット

  • 広範囲の重複パーツを特定・削減
  • 調達部門向けにパーツのクラスタリングを簡素化
  • パーツの急速な拡散を防止して、パーツ・カタログを合理化
  • 運転資本の縮小

恩恵を受けるユーザー

上記の機能とメリットによる直接的な効果によって、将来的により優れたパーツ管理が実現して時間とコストを節約できるため、パーツに関する意思決定のプロセスがよりスムーズに進みます。

既存パーツの分類と重複を担当するエンジニアは、直感的な手法で自在に処理を行えます。購買部門の担当者は、OnePart Reduceを使用して重複するパーツを削減し、システムを効率化できます。調達部門では、チームがボリュームに応じて、ベンダーとより好ましい条件で交渉を進められるため、業務を改善できます。経理部門では、パーツ数を削減することで支出を最小限に抑えられます。在庫削減から最終的には運転資本の低減につながり、貸借対照表に直接的な影響を与えます。

OnePartには、明らかなメリットがあります。新規にパーツを作成し続けると、さらなる支出につながります。企業内に存在するすべてのパーツを見つけ出して再利用することは、明らかに時間とコストの節約になりますが、一方で現行のパーツ管理プログラムの一部としてReduceを実装することは、長期的に大きな付加価値をもたらします。

ソリューションの概要を表示