EXALEAD OnePart

デジタル・アセット

設計者やエンジニアは、常に会社に多額のコストを発生させる可能性のある重大な決断を行います。エンジニアは、日々、次々と新しいパーツを設計しています。では、どうして社内のレガシー・データ資産内に既に存在する類似パーツや等価パーツを見つけだし、再利用しないのでしょうか。それは、パーツや関連する情報の検索には非常に時間がかかり、間違いが発生しやすいことが原因にあります。

社内に分散したデータソースやサイロ化したシステム内に隠れた類似パーツを瞬時に探しだし比較するツールがない場合、設計エンジニアは、検索のために時間を非生産的に費やすよりはむしろ、単にパーツを作り直す選択をします。設計エンジニアは認識していないかもしれませんが、新規にパーツを作成すると、最終的な収益に影響します。新しいパーツの入手や製造が必要になると、製造手順、品質管理、在庫が増えて、相当な時間とコストが生じます。

検索エクスペリエンスを統合したEXALEAD OnePartは他に類がなく、形状検索機能に類似性、メタデータ、意味的にリンクした文書や関連する情報を追加することができます。エンジニア、マネージャー、技術者、調達担当者は、社内の至る所にある既存パーツの2D/3Dファイルや製品設計、その他の関連する情報を、たとえPDMやPLMのリポジトリ外にあっても、瞬時に難なく検索して再利用することができます。結果として、パーツ、設計、関連するドキュメントを最適に再利用できるようになると、製品開発期間と納期を短縮でき、設計、材料、製造、および保管にかかるコストを削減できます。

主要な機能とメリット

  • 既存パーツを利用することで、設計決定上のリスクを軽減して、製品品質を向上
  • 設計者とエンジニアの生産性を向上
  • 市場投入までの期間とと新規プロジェクト立ち上げまでの期間を短期
  • 在庫と管理にかかるコストを削減