データ・コレクションとデータ融合

ビッグデータの世界では、意味のあるコンテキストは適切な接続から開始します。

至る所に存在するビッグデータ

今日、ビッグデータは至る所に存在し、データ・ウェアハウス、旧式アプリケーション、メインフレーム、およびWebに接続したネットワーク上のマシンから常時データが流入しています。したがって、ビッグデータから価値を引き出すための最初の難関は、既存の運用に影響を与えることなく、データを活用できるレポジトリ内に格納することです。

この難題に対処するために、EXALEAD CloudViewは、高度なWebクローラ、活用的なWWW索引、および社内外の構造化・非構造化ビッグデータ・ソースに接続する強力なコネクター・ポートフォリオを提供します。

2つ目の難関は、複数のデータ・ソースを自動化された工業的な方法で統合し、異種の生データを、アクションを喚起する知識に変換することです。 これを実現するために、EXALEAD CloudViewは、意味のある構造化、非構造化コンテンツの強化、構造化データとの関連付けをするために、強力な意味処理パイプラインを備えています。

データ・コレクション

Webコンテンツ

 

ノイズが多く膨大な量のWeb領域でのパフォーマンスに特化したHTTPクローラを使用して、EXALEADはセキュアおよびオープン・ソース(アクセス・ルースと権限を尊重)からの構造化・非構造化データを含めて、インターネットから高品質なコンテンツを抽出する、強力でインテリジェントな独自のツールを企業のお客様に提供します。

EXALEADをご利用のお客様は、GoogleとMicrosoftのBingに続いて世界第3位となったEXALEADの公開WWW検索エンジン索引から高品質なコンテンツを使用して、ユーザー独自のデータベースとアプリケーションを素早く容易に強化できます(Yahoo!はBing検索インフラストラクチャーに切り替えています)。

特殊なソーシャル・メディア・コネクターにより、さらにEXALEADのWebデータ・コレクション機能が拡張し、Facebook、LinkedIn、Twitterなどのソースから関連情報のキャプチャが容易になりました。

利点
  • セキュアで自動化された非侵入型データ収集を保証
  • 完全に統一された情報ビューを提供
  • ビッグデータ・スケールで高いパフォーマンスを確保
企業お客様向けコンテンツ

CloudViewコネクター・パッケージは、ファイル・サーバー、XMLシステム、データベース、電子メール・システム、ディレクトリ、コンテンツ管理、コラボレーション・システム、およびENOVIAプラットフォームを含む、広範な企業のソースで使用可能です。

カスタムおよびレガシー・システム

EXALEADのパッケージ・コネクターのポートフォリオは、旧式またはカスタム(特注)リポジトリへの接続用に、十分に立証されている公開アプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)により補完されています。これは標準のプロトコルと言語(HTTP/Rest、Java、C#など)を使用します。

  • EXALEAD CloudViewのデータ・キャプチャ機能の詳細を確認するには、『EXALEADコネクターおよび形式のデータ・シート』をダウンロードしてください。


データの融合

個別のビッグデータ・コレクションを検索、探索、分析する機能から多くの価値を得ることができますが、画期的な洞察やイノベーションを実現する可能性は、多様なデータ・サイロ間で意味のある相互参照を行うことで最大限に引き出されます。

Map/Reduceスタイルの処理フレームワークと高性能意味処理パイプラインを備えたEXALEAD CloudViewは、異種ビッグデータ・ソースを集約するのに最適に設計されています。 次の項目を含むコレクション内の隠れた意味や関係を検出するために使用します。

  • ドキュメント、電子メール、通話記録、およびビデオなどの非構造化コンテンツ
  • スマート・メーター、RFIDリーダー、バーコード・スキャナー、ウェブログ、およびGPS追跡装置が生成する機械データやXMLレコードなどの半構造化データ
  • トランザクションのデータベースやデータ・ウェアハウスに格納される高度な構造化関係データ 連絡先情報 リソース・センターのプレス・リリースの詳細を調べる