EXALEAD CloudView

統一された情報の検索、アクセス、および分析で人とデータをつなぎます。

EXALEAD CloudView Connectivity

 

 

ビッグデータの世界では、意味のあるコンテキストは適切な接続から開始する

 

EXALEAD CloudViewを使用して、組織は今日の厄介な情報システムの課題を解決して、コスト削減と収益増加を実現できます。データ・サイロ間で統一された情報ビューを実現し、グローバルな検索と検出、革新的な新しいビジネス・アプリケーションをサポートします。

CloudViewは異種の複数ソースのデータを収集し、単一の構造化された情報リソース、CloudView Indexに変換することで、この統一された情報ビューを迅速かつコスト効率よく提供します。 EXALEAD Connectivityでは、この変換の最初の重要なステップであるデータ収集と初期処理を実行します。

あらゆるボリュームで、あらゆるソースからデータを収集

 

EXALEAD Connectivityは、最先端のデータ・コネクターと業界随一の高度なWebクローラを使用して、企業のクラウド上の実質すべてのソースから、非構造化、半構造化、構造化データを収集します。

これには、世界最先端の企業アプリケーション、データ・ウェアハウス・システムからの複雑な構造化データと関連するリッチなメタデータ(属性、ルール、関係など)のインテリジェントな抽出も含まれます。

さらにEXALEAD Connectivityは、今日のビッグデータ収集の大半を構成する、次のような「グレー」データの意味ETL(抽出、変換、ロード)機能を提供します。

  • ドキュメント、電子メール、通話記録、およびビデオなどの非構造化コンテンツ
  • ソーシャル・メディア・コンテンを含むHTMLおよびXMLなどの半構造化データ
  • スマート・メーター、RFIDリーダー、バーコード・スキャナー、ウェブログ、およびGPS追跡装置が生成する機械データなどの、小規模でも大量な「ビッグ・ビット・バケット」構造化コンテンツ

EXALEAD Semantic Factoryと連動して、EXALEAD Connectivityモジュール内の意味ETLプロセッサは、自動的に非構造化情報を構造化し、最小限の構造化(半構造化)データを強化します。

要約すると、EXALEAD Connectivityは、未加工またはサイロ化したビッグデータをアクセス可能な意味のあるコンテンツに変換して、検索、探索、または分析のニーズを満足させる、セキュアで自動化および産業化されたフレームワークに不可欠な最初の構成要素です。

 

お客様のメリット

  • 完全に統一された情報ビューを提供
  • セキュアで自動化された非侵入型データ収集を保証
  • ビッグデータ・スケールでも高いパフォーマンスを確保

使用可能なコネクター

 

CloudViewコネクター・パッケージは、ファイル・サーバー、Webサーバー(クローラ)、XMLおよびHDFSシステム、データベース、電子メール・システム、ディレクトリ、コンテンツ管理、コラボレーション・システム、およびENOVIAプラットフォームを含む、ほとんどの企業のソースで使用可能です。

EXALEADのInformaticaとのOEM契約により、この接続性がさらに拡張され、多数のビッグデータ・ソースへの高度なサポートが提供されます。これには企業アプリケーション、データ・ウェアハウス、ビジネス・インテリジェンス・プラットフォーム、メインフレーム、NoSQLストア、リアルタイム・メッセージ・キュー、ソーシャル・メディア・ネットワークなどが含まれます。

これらすべてのパッケージ・コネクターは、旧式またはカスタム(特注)リポジトリへの接続用の堅牢なアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)によって補完されています。

CloudView Connectivityのハイライト

  • セキュア、非侵入型データ取得
  • リアルタイム、バッチ、または増分更新の選択
  • 失敗のないチェックポイント・メカニズム(「100%かゼロ」モードでの書き込み / 更新処理)
  • 新たに発生した情報源への信頼性の高い接続を実現する、Informatica PowerCenterのOEM契約